【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<卓球>中国代表選考大会に日本のファン驚嘆=「伊藤や石川でも何勝できるか…」―中国メディア

配信日時:2019年3月5日(火) 12時0分
<卓球>中国代表選考大会に日本のファン驚嘆―中国メディア
画像ID  1072622
4日、新浪体育は、ブタペストでの世界卓球選手権に出場する中国代表選手を決める「地表最強12人」の結果について、日本のネットユーザーが「この中で張本智和や伊藤美誠が戦ったら、いったい何勝できるのか」と驚嘆の声が出たと報じた。
2019年3月4日、新浪体育は、ブタペストでの世界卓球選手権に出場する中国代表選手を決める「地表最強12人」の結果について、日本のネットユーザーから驚嘆の声が出たと報じた。

広東省深セン市で3日に閉幕した「地表最強12人」の女子シングルスでは、世界ランク3位の陳夢(チェン・モン)が優勝し、代表に内定した。陳は丁寧に惜敗するも、現在世界ランク2位の朱雨玲(ジュー・ユーリン)を倒すなどして全体でトップの成績を挙げた。

記事は、大会に参加した女子選手12人の顔ぶれや試合結果について日本のネットユーザーから「伊藤美誠石川佳純が『地表最強12人』に出場したらいったい何勝できるだろうか。石川は1勝もできず、伊藤でもせいぜい3~4勝だろう」といった感想が寄せられたと紹介している。

また、男子では世界ランク1位の樊振東(ファン・ジェンドン)が11戦全勝と圧倒的な強さを見せて優勝し、代表の座を獲得した。同2位の許●(シュー・シン、●は日+斤)は5勝6敗で6位、同3位の林高遠(リン・ガオユエン)は5勝6敗で9位と振るわず、中国男子の選手層の厚さと競争の激しさが浮き彫りになった。

記事は、日本のネットユーザーのコメントとして「この顔ぶれで樊の全勝は強すぎる。許や林がトップ5に入れないのが驚きだ。中国の選手層はものすごく厚い」「日本は女子では有力な選手が多いけど、男子はまだまだ。新人を育てなければ」「樊は頭一つ出ている。張本や水谷隼がここで試合をしたら、何位になるだろうか」などを伝えている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事