Record China

ヘッドライン:

寄付した古着、アフリカに売られていた―中国メディア

配信日時:2019年3月4日(月) 22時40分
拡大
4日、中国メディアの財経網は、「あなたが寄付した古着のうち状態のいいものはアフリカに売られている」と報じた。写真は杭州市西湖にあるモニュメント。

2019年3月4日、中国メディアの財経網は、「あなたが寄付した古着のうち状態のいいものはアフリカに売られている」と報じた。

記事によると、記者が山東省にあるいくつかの衣類リサイクル会社を訪ねたところ、被災地へ寄付されるはずの古着を見つけた。関係者は「状態のいいものはアフリカへ輸出する。状態の劣るものは大きな1袋20元(約330円)で売る。ファスナーやボタンも切り取ってまとめて売る。大もうけできる」などと話しているという。

この話題について、中国のネット上では「これはあんまりだ。必要とする人のために、新しめのものをきれいに洗ってたたんで寄付し、古いものは自分たちで着ているというのに」「人々の思いやりを利用するなんて、ろくでなしのすること」「金もうけのためなら何だってするやつらだ」などと批判的な声が上がっていた。

一方で、「公然の秘密」「問題ないと思う。人はご飯を食べていかなければ生きていけないのだから」という声もあった。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「育てたリンゴが売れないと大変なことに」と泣く少女、当局「お涙頂戴の詐欺商法」と発表―中国

人民日報は24日、インターネットを利用して少女が泣く写真などを紹介し、「もうすぐ雪で山に入れなくなる。育てたリンゴが売れなくなる」などと説明してリンゴ購入による支援を訴えた情報発信は「お涙頂戴」式の詐欺商法だったと、改めて批判する記事を発表した。

Record China
2018年10月27日 1時0分
続きを読む

ランキング