【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

南京大虐殺記念館でボランティアをする日本人女性―中国メディア

配信日時:2019年3月5日(火) 8時20分
南京大虐殺記念館でボランティアをする日本人女性―中国メディア
画像ID  1072347
4日、現代快報は、江蘇省南京市の南京大虐殺記念館でボランティアに従事する日本人女性を紹介する記事を掲載した。写真は南京大虐殺記念館。
2019年3月4日、現代快報は、江蘇省南京市の南京大虐殺記念館でボランティアに従事する日本人女性を紹介する記事を掲載した。

同記念館は3日、5日の「雷鋒に学ぶ日」にちなんだボランティア活動を実施し、応募した120人余りのボランティアが参加した。ボランティアたちは来場者の案内、救急対応、展示の説明、演芸、宣伝などさまざまな活動に従事し、その1人である日本人の吉川淳子さんは史実陳列ホールで続々と訪れる来場者を案内していた。

大阪出身で62歳の吉川さんは、地元の大学で歴史学を学んだ時に日本による中国への侵略について「真相を知りたい」と考えたという。その後北京の大学に入って学士、修士を取得すると、今年7月からは南京中医薬大学で博士課程を学ぶとのことだ。

吉川さんは「南京で博士課程を学ぶことを選んだ理由は、南京大虐殺記念館があるから。ネットで今回のボランティアの件を知り、電話で応募した」と語る。

ボランティア活動期間中、吉川さんは1930~40年代の日本語文献の翻訳も手伝っている。当時の日本語文法は現在と異なるため、一定の知識や経験がないと読み込めないのだ。また、日本人来訪者の案内も担当しており「多くの日本の友人が私を訪ねて南京にやってくる。さらに多くの日本の人に、歴史の真相を知ってもらいたい」と話した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/03/06 11:33)

    いわゆる”南京大虐殺”を私が事実ではないと思うのは、30万人も殺されれば、恐らく南京は住めない都市になっていたはずと思うからである。以前テレビで女性の解剖医が話していたが、死体には何とも言えない独特の嫌な強烈な臭いがあり、解剖後風呂に入っても体から臭いは消えないし服も洗濯しても臭いは消えない。故に解剖時には下着もつけないし、服も捨てると言っていた。30万人も殺されればその臭いは想像を絶するものがあると思う。南京城内にはとても入れたものではなかったろう。ところが、私はいわゆる”南京事件”の1月後位の南京市内で日本兵が市民に食事を振舞う映像を見たことがある。日本側の映像であるから日本に都合の悪い部分が隠されているであろうが、それでも市民がニコニコしながら日本兵に食事を振舞われている映像はあり得ないと思う。モンゴル帝国が征服した都市のいくつかは放棄されたがそれも臭いのためだったと言われている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/03/05 12:03)

    ちなみに南京大虐殺ばかりが取り上げられているが、第二次世界大戦中、中国も日本人を大虐殺する事件を起こしている、日本が下手に出ていると思って、一方的に好き勝手な事ばかり言うなと言いたい
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tak***** | (2019/03/05 09:10)

    ここを訪れる中国人にとって、日本人が要る事自体、南京大虐殺が事実であり謝るためにボランティアしてると思われる。 やめるべき。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事