Record China

ヘッドライン:

韓国の不買運動3カ月目、1位だった日本ビールは10位圏外に=韓国ネット大喜び

配信日時:2019年9月18日(水) 21時20分
拡大
17日、韓国・JTBCは、日本製品不買運動が3カ月目に入り、10年以上輸入ビール1位だった日本ビールが10位圏外に押し出されたと報じた。写真は韓国のビール。

2019年9月17日、韓国・JTBCは、日本製品不買運動が3カ月目に入り、10年以上輸入ビール1位だった日本ビールが10位圏外に押し出されたと報じた。

報道によると、これまで日本ビールは10年以上輸入ビール1位の座を守ってきたが、今年7月に日本製品不買運動が始まった後3位に下落し、先月にはメキシコや香港のビールにも押されて13位に下落した。1年前は90億ウォン(約8億2000万円)に近かった輸入額も今では2億ウォン台になったという。

これを受け、韓国のネット上では「本当に国民の力はすごい。誰かに指示されたわけでもないのに。不買を習慣化しよう」「日本ビールから独立したね。万歳」「ま、もともと、やめられないほどおいしいわけでもなかったし」など喜びの声が上がり、「日本のタバコも不買しよう」「日本旅行が一番打撃が大きい。日本旅行も控えよう」などの声も寄せられている。

一部では「最近はユニクロの売り場に少しずつ人が増えてきて、コンビニでは日本ビールがまた陳列され始めた。だから日本にばかにされる」「今度こそは意地を見せようよ。じゃなきゃまた『韓国人は(熱しやすく冷めやすい)鍋根性』と言われてしまう」と警鐘を鳴らすユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

訪日韓国人減少の一方、訪韓日本人の数は変わらず「増加傾向」=韓国ネット「日本人は政治に関心ない」「増えてもそれだけ?」

12日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、日本の輸出規制強化措置をきっかけに韓国では「日本旅行ボイコット」の動きが強まっているが、韓国を訪れる日本人観光客の数は変わらず増加傾向をみせている。写真は韓国・金浦空港。

Record China
2019年9月14日 11時20分
続きを読む

ランキング