中国高速鉄道に乗ったら自分の席に他人、チケット確認してみてビックリ!=中国ネット「何かの縁だ」

配信日時:2019年6月11日(火) 1時0分
中国高速鉄道に乗ったら自分の席に他人、チケット確認してみて驚き!
画像ID  1098860
9日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞によると、中国高速鉄道で一つの座席に2人分の乗車券が発券される事態が発生した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年6月9日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞によると、中国高速鉄道で一つの座席に2人分の乗車券が発券される事態が発生した。

8日、龐(パン)さんと夫は北京南駅から高速鉄道G497に乗車したが、座席にはすでにほかの人が座っていた。龐さんが「そこは自分の席なので」と移動するように促したところ、座っていた人の乗車券と自分の乗車券に記載されている車両番号、座席番号、発車時間、行先が全く同じだった。違っているのは身分証番号と名前だけだった。

2人はいずれも窓口で乗車券を購入しており、購入した時間はわずか3分の違いだった。2人が乗務員を呼び話し合った結果、龐さんには別の車両の座席があてがわれた。中国鉄路は「恐らく機械のシステムの故障だと思われるが、このような現象は極めてまれなこと」と説明した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「機械の故障は正常な事。ちゃんと払い戻しをすればいい」「偽物でなければ別にいいさ」「座席があったならいいじゃないか」など、寛容なコメントが多く寄せられた。また、「毎年延べ数十億人が利用している中で、こういうことが1回だけというのは信頼できると言える」というユーザーもいて、批判的なコメントはほとんどなかった。

中には、「これは特別な縁だ」「これも何かの縁だから、この2人は親友になったらいい」などの意見も多かった。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事