現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わる―米紙

配信日時:2019年3月4日(月) 11時0分
現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わる―米紙
画像ID  1072129
4日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルはこのほど、「現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わろうとしている」とする記事を掲載した。写真は訪日中国人観光客。
2019年3月4日、中国紙・環球時報(電子版)は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がこのほど、「現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わろうとしている」とする記事を掲載したことを紹介した。

それによると、WSJの記事はまず「一般に中国のハイテクのモデルとみなされている日本は現在、隣国からキャッシュレス決済の方法を学んでいる。紙幣は日本で長らく支配的な地位にあった。だが中国国内と同様にスマートフォンで決済することを望む中国人観光客が大量に流入するにつれて状況は変わり始めている」とした。

そして、「これは成長を続ける中国の経済力が近隣諸国に徐々に影響を及ぼしていることを示す事象の一つだ」とし、「中国ではすべての決済が電子化されている。日本に来たばかりの頃はいつも現金を使わなければならないことに不満を感じていた。最近では、中国の消費者に合わせて電子決済サービスを始める所がますます増えてきている」とする東京の中国人留学生の声を紹介した。

さらに「日本政府の2016年の調査によると、クレジットカードとデビットカードを使用しているのは日本の消費者の5人に1人にすぎない。プライバシーに対する日本人の懸念とクレジットカード手数料の支払いに対する企業の消極的な姿勢が、日本でクレジットカードの普及の程度が低い主な理由だ」「18年には800万人を超える中国人観光客が訪日し、その多くがアリペイやウィーチャットペイなどのアプリを持ち込んだ。彼らの消費額は140億ドル(約1兆5600億円)に達し、日本の売り場のスマホ決済導入を促している」「安倍政権は日本がこの分野で中国に後れていることを認め、キャッシュレス決済比率を27年までに(今の2割程度からその倍の)4割程度まで高めることを望んでいる」などと伝えているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 七菜四***** | (2019/03/04 20:16)

    こんな記事見つけたんだけど、偽札と同じで偽QRコードだって。 いたちごっこだね。 「QRコード離れを起こす中国のキャッシュレス決済事情」(ASCII / Yahoo Japan) 以下、記事より引用 これだけキャッシュレス決済が進むと、当然悪知恵を働かせるやつも出てくる。自分のQRコードをシールに印刷し、店舗が掲示しているQRコードの上に貼り付けてしまうという手口がポピュラーになっている。支払い客がお店にお金を払っているつもりでも、実際は犯人のアカウントに送金されてしまうというものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/03/04 16:30)

    キャッシュレスはあくまで外国人観光客向けですよ。 どこかの国みたいに偽札はほとんどありませんからご心配なく、現金なら停電や災害があっても使えますしね。キャッシュレスにして個人の取引情報を全て国に把握されてプライバシーが無くなったのは何処でしたっけ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/04 16:26)

    キャッシュレス決済はあくまで観光客向けである。日本に観光客が来なくなれば、自然と廃れるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事