Record China

ヘッドライン:

「日本の交渉や抗議は受け付けない」中国駐日大使が発言=中国軍の領海侵入、レーダー照射で―中国メディア

配信日時:2013年2月6日(水) 12時53分
拡大
6日、尖閣諸島をめぐる日中間の緊張がにわかに高まる気配を見せている。中国人民解放軍海軍のフリゲート艦が東シナ海で海上自衛隊の護衛艦に対して射撃用レーダーを照射したことで、日中双方で動きが出た。
(1/2枚)

2013年2月6日、尖閣諸島をめぐる日中間の緊張がにわかに高まる気配を見せている。中国人民解放軍海軍のフリゲート艦が東シナ海で海上自衛隊の護衛艦に対して射撃用レーダーを照射したことで、日中双方で動きが出た。京華時報の報道。

その他の写真

5日、堀之内秀久駐中国公使は、中国外交部の羅照輝(ルオ・ジャオフイ)アジア局長に申し入れを行った。「不測の事態を招きかねない危険な行為だ」として再発防止を求めるとともに、中国国家海洋局の海洋監視船が前日に尖閣領海に侵入したことについても、厳重な抗議を行った。羅局長からは事実関係を確認するとの回答があったという。また、米国務省のヌーランド報道官も同日の記者会見で中国側に自制を求め、日中双方に平和的な解決の道を探るよう要求した。

程永華(チョン・ヨンホア)中国駐日本大使も同日、強い口調でこれに反ばくした。「尖閣諸島は中国固有の領土。その海域は中国の領海である。よって、我々の海洋監視船は公務として正常なる巡航を行っているにすぎない。中国側は日本の交渉や抗議は受け付けない。また、前述の公務に対する妨害活動の停止を日本側に求める」とした。これは、斎木昭隆外務審議官が程大使を外務省に招へいし、中国海洋監視船の領海侵入に抗議した際の発言。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<尖閣問題>「世界遺産申請を名目の尖閣視察には強烈に反撃」=石垣市の動きに中国が猛反発―香港紙

5日、香港紙・文匯報は「世界遺産申請を名目とした釣魚島占領、中国は必ず強烈な反撃を行う」と題した記事を掲載、世界自然遺産登録申請リストに尖閣諸島を含めるよう働きかけている石垣市の動きをけん制した。写真は尖閣が中国に属す根拠とされる史料。

Record China
2013年2月6日 9時42分
続きを読む

<尖閣問題>日中両国は緊張緩和を模索するも、リスクは残り続ける=双方の対立は常態化―英メディア

3日、英ロイター通信は、日本による尖閣諸島の国有化以来、日中の衝突がエスカレートしている問題について、両国は緊張の局面を打開する方法を模索しているが、リスクは依然として存在しているとする分析記事を配信した。写真は中国の海洋監視船。

Record China
2013年2月5日 9時33分
続きを読む

ランキング