【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本でまたパイロットが規定に反し飲酒、フライトが大幅遅延―中国メディア

配信日時:2019年3月3日(日) 6時40分
日本でまたパイロットが規定に反し飲酒、フライトが大幅遅延―中国メディア
画像ID  1071979
1日、澎湃新聞は、日本の航空会社でパイロットの飲酒検査により航空便が2時間近く遅延するトラブルが再び発生し、パイロットの飲酒問題がなおも後を絶たないと報じた。
2019年3月1日、澎湃新聞は、日本の航空会社でパイロットの飲酒検査により航空便が2時間近く遅延するトラブルが再び発生し、パイロットの飲酒問題がなおも後を絶たないと報じた。

記事は、全日空が2月22日、19日の神戸発東京行きの航空便で、副操縦士が飲酒検査に引っ掛かり、交代人員を手配したために出発が1時間40分遅れたという情報を事実と認め、26日にこの副操縦士を解雇したと伝えた。

そして、解雇された副操縦士が30歳前後で、フライト6時間前に350ミリリットルの缶ビール1本と、アルコール飲料缶の半分を飲んだと紹介。全日空の内部規定では、パイロットはフライトの24時間前から飲酒が禁止されているとした。

記事はそのうえで「日本のパイロットの飲酒をめぐる問題は後を絶たない」とし、昨年10月には日本航空のパイロットが英国発日本行きの航空便の出発前に基準値を超えるアルコールが体内から検出され、英国の警察当局に逮捕される事件が起こったことを紹介している。

また「飲酒はパイロットの反応力を低下させ、飛行時に遭遇する問題を正しく処理できなくなる可能性があるため、世界各国でパイロットの飲酒が禁止されている。しかし、日本ではフライトの何時間前から飲酒を禁止するかの統一的な規定がなく、各企業が自己規定している状況だ。また、アルコール検査が抜き打ち検査であることも、大きな安全リスクになっている」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/03/03 07:47)

    日本の航空会社の連中はやたら上から目線のクセに非常識過ぎるバカ者が多い、他所の国は知らないが、日本のどこの鉄道会社、バス会社、タクシー会社の乗務員が酒を飲んで乗務しようというのだろう、この前飲酒で逮捕された騒動が発覚したのにこのざまである、日本の航空会社の連中は給料と気位は高いが安全に対する意識が低い、だから自分は日本の鉄道は世界トップレベルだと思っているが、旅客機は所詮後進国レベルだと思っている
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/03/03 07:42)

    ほんと情けない >全日空の内部規定では、パイロットはフライトの24時間前から飲酒が禁止されているとした。 規定を改めた所で通達が全員に行き渡っていないのでは何の意味もないな ただでさえパイロット不足って言ってんだたら問題が起きて解雇する前に 全乗員を対象に規定が新しく変わったことを個人面談でもして通達し証文を取っときゃ良かったのに
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事