Record China

ヘッドライン:

米朝首脳会談の決裂で安倍首相が「次は私が…」=中国ネットの反応は?

配信日時:2019年3月2日(土) 13時30分
拡大
2019年3月1日、環球網は、米朝首脳会談についての報告を受けた安倍首相が、「次は、私自身が北朝鮮と向き合う」と述べたと伝えた。

記事は、「2月28日に安倍晋三首相は、トランプ大統領と電話会談を行い、2回目の米朝首脳会談についての報告を受けた」と紹介。日本メディアの報道を引用し、「安倍首相はその後、記者団に対して『安易な譲歩をしないというトランプ大統領の決断を全面的に支持する』と述べ、『次は、私自身が金委員長と向き合わなければいけないと決意している』とも語った」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「これを聞いてまず笑ってしまった」「存在感をアピールしようとしているな」「ほらを吹くのはタダだし」「世界平和は安倍首相頼みだ。任せたぞ!」などのコメントが寄せられた。

また、「相手がそう望むのかどうかだよな」「まるで米国の兄貴分のようだな。安倍首相が大口をたたいても会えないと思うけど」など、会談できないとの意見も多かった。

ほかには、「好きか嫌いかは別として、安倍首相はたいした政治家だ」と評価するユーザーや、「日本は韓国を恐れてはいないが、北朝鮮は恐れている」というコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

トランプ大統領を読み誤った金正恩委員長、第2回米朝首脳会談は事実上の決裂、文在寅大統領にも大誤算

ベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長はトランプ米大統領の出方を読み誤り、何の合意も得られなかった。事実上の決裂は南北融和に突き進む韓国・文在寅大統領にも大誤算だ。写真はベトナム。

Record China
2019年3月2日 6時40分
続きを読む

<コラム>米朝首脳会談、決裂!お先真っ暗となった金正恩

米朝首脳会談が合意点を見出せず決裂した。トランプは北の核施設の全てをリストアップして教えろといい、金正恩は寧辺の核施設の提出で経済制裁を解除してくれと要求した。ビッグディールを双方が望み、それが(予想通り)全面衝突して決裂したという格好だ。

木口 政樹
2019年3月1日 12時30分
続きを読む

北朝鮮・金正恩委員長には「最後の機会」と韓国紙、27・28日にベトナムで2回目の米朝首脳会談

2回目の米朝首脳会談が27、28日にベトナムで開かれる。「完全な非核化」の実現をめぐり、期待と不安が交錯。韓国紙は「今回の会談が北朝鮮の開放と経済の飛躍をもたらす最後の機会」と金正恩委員長に歩み寄りを促している。資料写真。

Record China
2019年2月8日 17時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング