【募集中】韓国語社内スタッフ

川崎重工とCOSCOCSが共同運営する大連造船所で第2ドックが完成、その他

配信日時:2019年3月2日(土) 10時30分
川崎重工が共同運営する大連造船所で第2ドック完成、その他
画像ID  1071837
川崎重工がCOSCOCSグループと遼寧省大連市で共同運営する大連中遠海運川崎船舶工程有限公司(DACKS)で第2ドックが完成した(写真)。
川崎重工がCOSCOCSグループと遼寧省大連市で共同運営する大連中遠海運川崎船舶工程有限公司(DACKS)で第2ドックが完成した。楽天証券は香港での子会社設立で、中華圏投資家などに金・銀取引を提供する予定。フルスピードは「中国インバウンドコンサルティングプラン」の提供を開始した。

●川崎重工、大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)で第2ドックが完成
川崎重工が中国遠洋海運集団有限公司(COSCOCSグループ)と遼寧省大連市で共同運営している大連中遠海運川崎船舶工程有限公司(DACKS)で、第2ドックが完成した。川崎重工が2019年3月1日付で発表した。

第2ドック建設は、2007年のDACKS設立当初からの計画。長さ550メートル、幅68メートルの規模で、800トン門型クレーン2基を含む4基のクレーンを装備する。DACKSは2ドック体制の確立で、効率的な大型商船の建造体制を実現する。

第2ドックでは1日、第1番船となる中国の招銀金融租賃有限公司向け61型ばら積運搬船を起工した。

●楽天証券が香港に子会社設立―業界最低水準スプレッドで金・銀取引を提供予定
楽天証券は1日、香港に金・銀の証拠金取引を提供する子会社、Rakuten Securities Bullion Hong Kong(楽天証券 Bullion)を新設したと発表した。香港での事業展開は、FX 事業のRakuten Securities Hong Kongに続き2件目、海外事業展開としては4件目。

楽天証券Bullionでは、2019年後半を目途に、中華圏(中国、香港、台湾を含む)で特に注目が集まる投資商品である貴金属関連商品、金(XAU/USD)、銀(XAG/USD)の2銘柄を、現地および海外の個人投資家に対して、香港における業界最低水準でのスプレッドで提供する予定。

●フルスピード、「中国インバウンドコンサルティングプラン」の提供を開始
インターネットマーケティング支援を行うフルスピードは1日までに、中国を中心とした訪日インバウンドマーケティングサービスの一つとして、市場調査・戦略設計・レポーティングなどのサービスをワンストップで提供する「中国インバウンドコンサルティングプラン」の提供を開始した。

中国からの訪日観光客数は2018年、前年比13.9%増の838万人と訪日外国人客全体の26.9%を占めており、中国人客向けの顧客獲得の重要性が認識されているが、中国国内の特殊なインターネット環境が理由の情報不足などが原因で、施策の難しさを訴える業者も多いという。

フルスピードは、中国企業への出資実績や中国支社の設立運営など、自社のさまざまな経験を活用し、複雑で情報収集の難しい中国市場の現状把握を、自社と中国主要企業との密な連携による情報共有で実現し、個別業者にとって難しい場合がある中国向けのプロモーション施策を通じて、中国への商圏の拡大を支援する。(編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事