Record China

ヘッドライン:

安くて早い!武漢で食べたい名物「熱乾麺」は武漢市民のソウルフード!

配信日時:2019年3月4日(月) 18時20分
拡大
武漢と聞くと、名所「黄鶴楼(こうかくろう)」を思い浮かべる人も多いかもしれないが、ここ武漢に麺好きをうならせる名物麺がある。それが、今回紹介する「熱乾麺」だ。中国五大麺のひとつと言われている。
(1/9枚)

武漢と聞くと、名所「黄鶴楼(こうかくろう)」を思い浮かべる人も多いかもしれないが、ここ武漢に麺好きをうならせる名物麺がある。それが、今回紹介する「熱乾麺(熱干面)」だ。日本ではあまり知られていないが、武漢の有名な小吃(シャオチー/店や屋台で食べる軽食)で、中国五大麺のひとつと言われている。

その他の写真

余談だが、さまざまなネットサイトで中国五大麺として紹介されているのは、「刀削麺、[火会]麺、担担麺、炸醤麺、熱乾麺」なのだが、中国の地方ではまだまだ多くの代表的な麺料理があり、一概にこれらを“五大麺”と言えないとの意見も多くあるらしい。ともあれ、熱乾麺は武漢市民だけではなく、全国で根強いファンが多いことがうかがえる。

熱乾麺は、武漢の朝ごはんの定番で、武漢市民のソウルフードとも言える。そのため、屋台から五つ星ホテルのレストランまで、どこでもこの「熱乾麺」を見かける。「熱乾麺」はどんな麺かというと、汁無しの麺で、ゆでた麺の上に、ネギ、パクチー、ザーサイなどの薬味や様々な調味料をトッピングして、まぜてから食べる。

味付けはシンプルで、醤油、ゴマペースト、ラー油など。全体的には、甘辛く、やや濃い味で、色は、ゴマペーストがからむので、黒みがかっている。ちかい味でいうと、ゴマ風味がきいた汁なし担々麺(タンタン麺)だ。

現地で有名な老舗は「蔡林記熱乾麺館」で、市内にいくつも支店がある。現地のタクシードライバーに熱乾麺を食べるのにおすすめの店をたずねると、たいてい「やはり老舗の蔡林記かな」との答えがかえってくる。蔡林記の店内は、ローカル色が濃く、地元の人だけではなく、国内外の観光客にも人気が高い。ピークはやはり朝だという。

気になるメニューだが、「熱乾麺」だけでも具材により数種類ある。定番を聞くと、一番シンプルな「全料熱乾麺」で、値段は5元(約80円)。麺をゆでて、味付けするだけなので、注文を受けてからつくる。待つこと数分で出来上がり、後は好みの薬味をいれたりすればOK!海老入りや牛肉入り熱乾麺も人気だ!

熱乾麺を注文すると、店員が「地元では熱乾麺を食べるときに豆乳か豆沙(おしるこ)を飲むのよ!」と、ツウの食べ方をおすすめ。確かに汁(しる)がないので、何か飲み物があったほうが食べやすいのだろう。

スーパー、コンビニや空港などで、インスタントの「熱乾麺」も販売しているので、お土産にもできるが、やはり、武漢に行く機会があればぜひ現地で味わいたい。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「武漢の熱乾麺」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

日本でも飲みたい!上海で不動の人気「喜茶」がソフトクリームの販売開始!

2017年2月に上海にオープンして以来、不動の人気を誇る広東発のドリンク専門店「喜茶(シィーチャ)HEYTEA」。中国全土で次々とチェーン展開している中国ブランドのお店で、似たような名前のお店が相次いでオープンするほどの人気ぶりを見せている。

フライメディア
2018年7月31日 8時30分
続きを読む

ランキング