【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国人漫画家、日本政府のメディア芸術祭で大賞=韓国ネットは複雑な心境

配信日時:2019年3月3日(日) 12時30分
韓国人漫画家、日本政府のメディア芸術祭で大賞=韓国ネットは…
画像ID  1071763
1日、韓国・聯合ニュースは、韓国人漫画家の作品が、日本政府のメディア芸術祭で大賞を受賞したと報じた。資料写真。
2018年3月1日、韓国・聯合ニュースは、韓国人漫画家の作品が、日本政府のメディア芸術祭で大賞を受賞したと報じた。

記事では「漫画宗主国と呼ばれる日本」という表現を使って、そのすごさを伝えている。それによると、日本の文化庁は同日「第22回文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門で、日本で活動する韓国人漫画家Boichi氏(本名パク・ムジク)の作品「ORIGIN」を選定したと発表した。韓国人作家の作品が同部門で大賞を受賞したのは今回が初めてという。同作品は、人間の姿をした人工知能(AI)搭載ロボットが殺人を繰り返す2048年の東京が舞台になっていると記事では紹介している。

選定理由について、主催側は「まず絵に圧倒される。キャラクターがまつ毛の影さえも逃さないよう精密かつ緻密に描かれている。30年後という厳しい時代設定を豊かな知識と想像力でリアルに描き出しており、感嘆する」と説明しているという。

なお同芸術祭では、2017年の第20回でユン・テホ氏の「未生(ミセン)」が2位にあたる優秀賞を受賞していたという。

これを受け、ネット上では「おめでとうございます!」「絵が最高。最近完結して残念だけど、今後も面白い作品をお願いします」「この作品読んだことがあったけど、ここまでのアクションシーンとストーリー演出の漫画が韓国人作家の作品だとは思わなかった。すごい」「さすがインフラさえ整えば人材があふれる国」と、こちらも感嘆の声が上がっており、「韓国も今後漫画やアニメ事業を活性化させよう」「韓国政府は資源を公平かつ効率的に使うべき。こういう人が韓国のインフラとして成功する時代が早く来てほしい」と願うコメントも。

一方で「誇らしいこと?」「韓国人作家ではあるけど、韓国の作品じゃない」と非難コメントも寄せられており、また、3月1日のニュースということから、一部で「3・1節100周年なのに、日本関連のニュースを報道する必要ある?」との声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事