【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国の出生率がついに1を割り込む、メディアは「世界初」と自虐的―中国メディア

配信日時:2019年3月3日(日) 7時30分
韓国の出生率がついに1を割り込む、メディアは「世界初」と自虐的
画像ID  1071739
1日、韓国の出生率が1.0を割り込んだとの発表について、環球網は「韓国メディアは『世界初』と自虐的に報じた」と伝えた。写真はソウル。
2019年3月1日、韓国の出生率が1.0を割り込んだとの発表について、環球網は「韓国メディアは『世界初』と自虐的に報じた」と伝えた。

韓国統計庁の先月27日の発表によると、昨年の同国の合計特殊出生率は0.98に落ち込み、1970年の統計開始以来の最低値となった。これを韓国メディアは「外部環境の影響を受けない中で1.0を割った。韓国が『世界初』だ」と報じたという。

環球網は「韓国の出生率がピークに達したのは4.54を記録した1971年」「1つの国が一定の人口規模を保ち続けるのに求められる出生率は2.1。韓国は半分にも達しておらず、経済協力開発機構(OECD)メンバーの平均値(1.68)より低い。韓国は出生率が世界で一番低い国になった」と説明。「第2次世界大戦後に一定規模以上の国・地域で1.0を割ったのは2度だけ。ソ連解体後と東西ドイツ統一の時期だ」と述べ、「これらはいずれも政権に巨大な変化が生じたことによる結果。だが、韓国は外部の衝撃を受けていないのに1.0を下回った。これは世界初だ」とした。

若い世代の就職難や家の購入が難しいなどの問題が韓国の「晩婚」「非婚」現象を加速させているとみられており、「高額な育児費や教育費も出産の足かせ」との分析もあるという。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事