【募集中】韓国語社内スタッフ

日本に貸し出した「祭姪文稿」、台湾で3年以上の「休息」に―中国メディア

配信日時:2019年3月1日(金) 14時20分
日本に貸し出した「祭姪文稿」、台湾で3年以上の「休息」に―中国メディア
画像ID  1071671
1日、環球網は、台湾の故宮博物院が日本に貸し出した顔真卿の「祭姪文稿」が台湾に戻されたと報じた。
2019年3月1日、環球網は、台湾の故宮博物院が日本に貸し出した顔真卿の「祭姪文稿」が台湾に戻されたと報じた。

「祭姪文稿」は東京国立博物館で開催された特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆―」(1月16日~2月24日)で展示され、天皇皇后両陛下も足を運んで鑑賞された。記事によると、故宮博物院は先月28日、作品が無事戻って来たこと、少なくとも3年間は文物庫内で保管し、「休ませる」ことなどを説明したという。

台湾の文化資産保存法で同作品は「国宝」と定められており、その等級は「重要古物」の「翠玉白菜」より上だ。台湾でも10年以上展示されておらず、日本への貸し出しをめぐっては台湾、中国本土から不満や傷みを懸念する声が上がっていた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/01 20:59)

    台湾は日本が借りた文化財を慎重に扱うか心配していたようだ。しかし東京国立博物館に詰めかけたのは多くの〈中国人観光客〉であり、博物館の静止を無視してスマホカメラのフラッシュを向けたのではないか。顔真卿の作品が損傷していたにしろ、それは日本人の責任ではない。それは台湾がこれまで中国には貸し出さなかったことでも明らかである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事