【募集中】韓国語社内スタッフ

日本で始まり欧州で発展した高速鉄道、わが国の新たなエンジンに―中国メディア

配信日時:2019年3月2日(土) 5時50分
日本で始まった高速鉄道、わが国の新たなエンジンに―中国メディア
画像ID  1071654
26日、人民網は、中国高速鉄道が中国の発展をけん引する新たなエンジンとなっていると称賛する記事を掲載した。写真は中国高速鉄道。
2019年2月26日、人民網は、中国高速鉄道が中国の発展をけん引する新たなエンジンとなっていると称賛する記事を掲載した。

記事はまず「高速鉄道は日本に始まり、欧州で発展した。そして中国では10年の歳月の努力を惜しまず、北京と天津を結ぶ1本の路線から、営業距離2万9000万キロの高速鉄道ネットワークを構築した。そして、距離だけでなく、営業速度でも世界を大きくリードした」と伝えた。

その上で、「広大な国土ゆえに人材や資源が不均衡だった中国国内において、高速鉄道が各地域の経済発展ベルトを次々とつなげ、1~2時間で移動できる多くの都市群をつくったことで、人材、情報、資源の流通が加速し、地域間の相互補完を実現した」と評している。

また、「高速鉄道都市群が形成されて長距離通勤が快適になったことで、生産活動と生活を行う場所が分かれるようになり、市民の生活が多様化し、幸福感や満足感がさらに高まったほか、都市の持続的な発展に向けた環境ももたらした」と説明した。

さらに、「現在、大開発戦略を進めている中西部地域において、高速鉄道が架け橋やベルトとしての役割も果たしている」と指摘。「同地域の投融資環境を非常に大きく改善し、地域の観光業の発展を加速させたほか、貧困解消、より多くの雇用創出、起業を実現した」と論じた。

そして最後に「わが国の鉄道建設の加速は、富国・強国化、人民の富裕化、民族復興というチャイナ・ドリームの実現をアシストしている」と結んだ。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/02 15:35)

    >わが国の鉄道建設の加速は、富国・強国化、人民の富裕化、民族復興というチャイナ・ドリームの実現をアシストしている 速度と路線の長さでは世界随一かも知れないが、安全性では2流、営業利益では3流である。赤字路線を広げて何が自慢なのか。外国に輸出した鉄道は〈コストの高さ〉を理由に計画中止が続いている。今のままでは中国高速鉄道は〈チャイナ・ドリーム〉と言うより〈高速の悪夢〉だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/03/02 08:23)

    >高速鉄道は日本に始まり、欧州で発展した。 別に日本は日本、欧州は欧州で別々の発展をしてんだがね それが証拠に日本は開発当初から動力分散方式を採用し欧州は動力集中方式だったよね 近年になってようやく動力分散方式の良さに気が付いて変えて来てるのが欧州なのよ そして何より山岳地帯が多く地震大国でもある日本と、地震も少なく真っ直ぐ引ける欧州とでは構想そのものが違っているんだよ >同地域の投融資環境を非常に大きく改善し・・・・・ その割には赤字路線ばっかりだよな 元からデカい都市はそのままで小さい都市が苦しんでるだけじゃないのさ >わが国の鉄道建設の加速は、富国・強国化、人民の富裕化、民族復興というチャイナ・ドリームの実現をアシストしている ように見えて、 実際には予算を食いつぶしているだけで、メンツが無ければ既に拡張を中止しなければいけないレベルにまでに財政を圧迫してるよね
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/03/02 07:06)

    新幹線の旧式を劣化コピーして無理矢理でっち上げた暴走改造車、それを中国国内のみならず周辺の国々に強引に押し付けて植民地支配の道具にしている、安全性快適性信頼性は完全にどこかに追いやられた粗悪品である
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事