Record China

ヘッドライン:

杜甫草堂博物館がKFCと協力、初のテーマレストランをオープン―中国四川省

配信日時:2019年3月4日(月) 5時30分
拡大
中国四川省成都市に2月27日、名所旧跡「杜甫草堂博物館」とケンタッキーフライドチキンによる初のテーマレストランが登場した。写真は成都市。

中国四川省成都市に2月27日、名所旧跡「杜甫草堂博物館」(唐朝詩人杜甫を記念するための博物館)とケンタッキーフライドチキン(KFC)による初のテーマレストランが登場した。杜甫の詩作、草堂の景観、書画などたくさんの中国文化の要素が人々の注目を集めている。

このレストランは2階建てで、店内の壁には唐時代の人々の生活を示す図が描かれ、机の上にも杜甫の詩作や書道・絵画作品が置かれている。人々の目を最も奪うのは、食品の受け取り台のそばに置かれたホログラフィー・プロジェクターだ。これにより、杜甫が書いた詩作と共に、草堂の通年の景色の変化が再現される。レストランはまた、博物館の要素を盛り込んだグッズも数多く打ち出した。このような文化的要素があふれる洋食レストランは観光客に高く評価されている。

KFCと協力してレストランを開いた理由について、同博物館の劉洪館長は、「杜甫草堂は長期にわたって中華伝統文化の発揚とイノベーションに取り組んでいる。近年、われわれの伝統文化を現代の生活に融合させ、伝統文化をさらに広く発揚させるために、文化イノベーション産業で新しい措置を試みた。今回の同社との協力は双方共通の社会的責任感に基づくもの、杜甫草堂博物館の社会教育機能を十分に発揮するためのものだ。こういう形を通して杜甫草堂博物館の影響を広め、人々に日常生活の中でも優秀な伝統文化を身をもって感じてもらえるようにすることがわれわれの目標だ」と語った。(提供/環球網・編集/黄テイ)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング