Record China

ヘッドライン:

インド準高速鉄道が悲惨なことに、牛と投石で車体は傷だらけ―中国メディア

配信日時:2019年2月28日(木) 16時50分
拡大
27日、新華網によると、インドで開業したばかりの準高速鉄道が悲惨な状態となっている。資料写真。

2019年2月27日、新華網によると、インドで開業したばかりの準高速鉄道が悲惨な状態となっている。牛との衝突や投石により、車体に複数の損傷が見られるというのだ。

インドの一大事業である準高速鉄道は2月15日に開業記念式典を迎え、17日に一般客を乗せた運行が始まった。だが、16日には牛の群れにぶつかったことが原因とされる故障が発生。20日は早朝に投石、夜はバイクと衝突とトラブルが立て続けに起き、22日は牛の突進で車体のパーツ交換を余儀なくされたそうだ。23日は石で運転席の窓ガラスなどに被害が出たという。

インド鉄道当局の関係者は「運行開始から約1週間というのに、相次ぐ牛の襲撃や投石で車体にたくさんの傷が付いてしまった」と話し、交換用のパーツや窓ガラスの在庫がひっ迫した状況にあることを説明。当局は現在、投石トラブルの頻発地域特定を進めており、牛から車体を守るための人員配備や沿線住民への指導を検討中という。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

他人の座席を占領した女性がとんでもないことを言い出す=中国ネット「どういう神経してるのか」「中国にこんな恥ずかしいものが…」

中国では最近、高速鉄道などで他人の座席を占領する「覇座」という行為が問題になっているが、このほど、列車内で座席を占領した女性が言い放ったある言葉が「神反問だ」と話題になっている。

Record China
2019年2月27日 0時10分
続きを読む

ランキング