【募集中】韓国語社内スタッフ

中国国産空母が5度目の試験航行―中国メディア

配信日時:2019年2月28日(木) 15時50分
中国国産空母が5度目の試験航行―中国メディア
画像ID  1071369
27日、観察者網は、中国国産空母が5度目の試験航行を行うため出港したと伝えた。写真は中国海軍旗。
2019年2月27日、観察者網は、中国国産空母が5度目の試験航行を行うため出港したと伝えた。

記事は、「27日午前、中国初の国産空母は5度目の試験航行を行うため大連造船所を出港した」と伝えた。また、「中国初の空母・遼寧号は24日、現代化への改造と関係する試験航行の調整作業がすべて終了し、青島にある母港へと戻るため出港した」とも伝えている。

遼寧号が大連造船所から出港する時の写真によると、国産初の空母はこの時最終的な調整と準備作業に入っていたという。「艦載消防車、艦載トレーラーなどを含む艦載機に関係した設備、J15戦闘機、Z8輸送ヘリなどの実物大模型も甲板に配置されており、3つのジェットブラストディフレクターもすべて上がっていて、艦載機に関係した甲板設備の調整作業が行われていたようだ」と記事は伝えた。

また記事は、香港メディア・文匯網の報道を引用し、「最近、海軍航空兵が、ベストを着て昼夜訓練を行っている様子が明らかになった。この訓練には、甲板の巡視、けん引車での艦載機の移動などの内容を含む」と伝えた。

記事によると、艦上での巡視訓練は朝から夜まで続き、夜には明かりがともって甲板やアイランドがはっきりと見えたという。「訓練期間中、国産空母はメーンエンジンやレーダーを始動させ、排水溝から蒸気を排出する等の動作が行われた。また、今回の訓練に合わせて海上での巡視作業も強化されていた」と伝えられた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/02/28 17:55)

    遼寧は国産じゃないよな!! なに自分たちで作ったことにしてんのさ 元々は海上カジノにするからとウクライナから買ったソ連のヴァリャーグじゃないかよ それに近代化って無理だろ 元からウクライナで作っていた時の鉄と中国が付け足した鉄とが全然馴染まずにいたけど もうその辺りから外から見ても分かるくらいに船体に歪みが生じてるじゃないのさ ましてや進水が1988年で長い間放置されていた船体はサビサビで元からガタガタだったんだから 同時期に進水した空母とかはとっくの昔に近代化や改修工事をされて、今はいつ引退するのかを待ってる時期なんだよ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事