【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

台湾の若者の4割超が海外行きを希望、一番人気は日本―台湾メディア

配信日時:2019年3月2日(土) 9時30分
台湾の若者の4割超が海外行きを希望、一番人気は日本―台湾メディア
画像ID  1071340
中国メディアの環球網は27日、台湾メディアの報道を基に、「台湾の若者の4割以上が海外に出たいと考えている」と伝えた。写真は若者の街・西門町。
中国メディアの環球網は27日、台湾メディアの報道を基に、「台湾の若者の4割以上が海外に出たいと考えている」と伝えた。

記事によると、台湾の雑誌「遠見」が26日に、台湾の20の市や県で若者世代を対象に行った調査結果を公表。18~29歳が最も注目する話題は「民生と経済」で、「教育」と「食品安全」が同率の2位。「国際情勢」は6位だったが、30~39歳と比べると10ポイントも感心度が高かったという。また、被調査者の41.9%が今後数年のうちに海外に出ることを考えており、これは30~39歳の2倍。目的地では日本が最も多く、中国、米国が続いた。

また、月給を使い果たしてしまう「月光族」は台湾でも話題になったが、若者世代ではこの考えにも変化が起きているようだ。18~29歳の56%が「貯蓄や投資を行っている」と回答。これは、欧米などと比べても高い数字だといい、同誌は「未来への焦りと不確実性からだろう」と分析している。

このほか、「残業と重要なプライベートの用事が重なったらどうするか」の質問では、8割近くが残業を選択。消費面では6割が「実用性、適正価格」を重視するとし、「人気のブランド」を重視する人は7.4%にとどまったという。

さらに、「手本となる人物」では、上位から順に柯文哲氏(台北市長)、モリス・チャン氏(実業家)、ジョリン・ツァイさん(歌手)、韓国瑜氏(高雄市長)、郭台銘氏(鴻海精密工業会長)が並び、蔡英文氏(現台湾総統)は8位だった。

同誌は、若者世代には「失敗世代」「仏系」などのレッテルが貼られているが、「彼らはより現実的である」と分析。「デジタル時代で成長してきた彼らは、一人一人がセルフメディアであり、自分の声を発信することができる。同時に、互いの異質性も高く、誰もほかの誰かを代表することができない。言うなれば“自分世代”だ」と論じている。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事