【募集中】韓国語社内スタッフ

<コラム>米朝首脳会談、決裂!お先真っ暗となった金正恩

配信日時:2019年3月1日(金) 12時30分
<コラム>米朝首脳会談、決裂!お先真っ暗となった金正恩
画像ID  1071289
米朝首脳会談が合意点を見出せず決裂した。トランプは北の核施設の全てをリストアップして教えろといい、金正恩は寧辺の核施設の提出で経済制裁を解除してくれと要求した。ビッグディールを双方が望み、それが(予想通り)全面衝突して決裂したという格好だ。
2月27日、28日の両日開かれた米朝首脳会談(第二次)が、合意点を見出せず決裂した。結論的な部分だけ書けば、トランプは北の核施設の全てをリストアップして教えろといい、金正恩は寧辺(ヨンビョン)の核施設だけを提出するだけでも経済制裁を全面的に解除してくれと要求した。段階的にちょこちょこと出し合う形式ではなく、それこそビッグディール(莫大な取引)を双方が各自の視点から望み、それが(予想通り)全面衝突して決裂したという格好だ。

だったら、いままでの2~3か月間、双方の高級幹部たちが水面下でやってきたミーティングは何の意味があったのかといいたいところだ。いったい何を議論してこの日を迎えたのかと。

結果だけからみると、高級幹部らがやったことは何もないように見える。次の会談の約束はしていないとトランプは言った。こういう形で決裂するとはちょっと想像をはるかにこえるダメージだ。

トランプはいつも、彼(金正恩)はいいやつですばらしい指導者だという。今回も、決裂後の記者会見でも同じような表現をしている。リップサービスレベルでとらえるしかないのかもしれない。

決裂はしたけれど、今回の会談は筆者としては、しかし意味はあったと思える部分もある。当たりさわりのないレベルでお互いの腹のうちをうかがっていたシンガポール会談よりは、具体的に双方がどういうことを望んでいるかということがはっきりとわかったからだ。

米としては、それこそCVIDつまり、「完全(Complete)かつ検証可能(Verifiable)で不可逆的(Irreversible)な非核化(Denuclearization)」を望んでいるのであり、それ以上でも以下でもないということ。北朝鮮としては、ヨンビョンの核施設の全てを申告する程度のレベルで全面的な制裁の緩和を頼むということ。

双方の希望値はわかったけれど、それじゃこれをこれからどうやって解決していくのか。北は、ヨンビョンだけではなくて、いろいろな地点に核施設(プルトニウム工場や濃縮ウラニウム工場、加えて核弾頭作りの工場など)を保有している。米は衛星写真などを通してかなりの率で把握している模様だ。

きのう2月28日の会談でも、トランプがヨンビョン以外での濃縮ウラニウムのことをちょっと話しただけで金正恩が腰をぬかすほど驚いたというじゃないか。なんでそんなことまでわかってるんだよというわけだ。

金正恩の外交力はどの国の誰にもましてすばらしいものをもっていると思っていたのだけれど、今回の結果を見て、あまりにも相手方のポイントを掴めていないなあとつくづくと思わされた次第だ。

今後どうなっていくか。金正恩にとっては、前が何も見えなくなったような状態じゃないかと筆者には思える。相当の自信をもってハノイにやってきたはずだ。65時間も列車に乗ってやってきたのだ。しかもその一挙手一投足を北の住民に知らせる格好で。今回こそ、ビッグディールに成功してUNの制裁を解き、民衆よお前たちにも楽をさせてやるぞとかなり意気込んでハノイにやってきたはずだ。ヨンビョンの核施設を100%リストアップし提出してやれば制裁は解いてくれるだろうと期待して。

でもヨンビョンなどは米にとってはすでにほとんどなんの重みもない存在だったんだ。ヨンビョンについてはほとんどわかっているから。それ以外の核施設のリストを要求していたのだ。

お先真っ暗となった金正恩。今後のやりかたとしては、
1.本当のリストを出して、制裁を解いてもらう。
2.嘘のリスト(これで全部だといいながら隠し持つスタイル)を提出して第三次の会談を行なう。
3.段階的にやっていこうと提案し、それを米が認めるように交渉してゆく。
4.金正日スタイルで、かたくなに核開発をさらに推し進めロケットをぶっ放すなどしながら米などに脅威を与える。

1番はほぼ不可能な予測だ。これをやったら北は丸腰となってしまい、いつでも米の攻撃にさらされるし体制の崩壊も時間の問題となろう。

2番はかなり可能性のある方向性かもしれない。

3番もかなり有力だと筆者には思える。しかし「段階的に」という複雑・煩雑なディールをトランプがうけいれるどうか。これが実現するためには米と北双方の信頼がなによりも重要なカギとなる。信頼作りのための作業がまず始められねばならない。

4番は、これもほぼ可能性ゼロだと思う。きょうのトランプの記者会見でも、「金正恩は核開発やロケット飛ばしはもうやらないと言った」と強調している。4番の線はないと思う。

筆者の頭では今はこの4点くらいしかわからないけれど、ほかの方向性があるかもしれない。金正恩が自暴自棄に陥らないことを祈るだけだ。

どちらにしても、今後の米朝交渉はかなりの泥沼となることは避けられない。でもそうなると一番困るのは北朝鮮だ。今も死活問題なのだから。経済制裁によってこれまでも多くの国が倒れてきたのだ。どこまでがんばるのか。北よ。住民のことを心から愛している金正恩のことだ。このままでずるずると行くとは思えないのだが。ぜんぜん好きではないけれど、金正恩のことが心配になってきた。平壌(ピョンヤン)に無事帰れることを祈る。

■筆者プロフィール:木口 政樹
イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事