【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<サッカー>狙うは帰化集団?中国リーグで外国籍選手の中国国籍取得が相次ぐ

配信日時:2019年2月27日(水) 21時10分
「日本もこれで強く」中国リーグで外国籍選手の中国国籍取得が相次ぐ
画像ID  1071153
サッカーの中国スーパーリーグで最近、外国籍の選手の中国国籍取得が相次いでいる。写真はエンドゥンブ。
サッカーの中国スーパーリーグで最近、外国籍の選手の中国国籍取得が相次いでいる。

中国メディアの楚天都市報の26日付の報道によると、ガボン代表としてプレーした経験を持つFWアレクサンデル・エンドゥンブが中国国籍を取得した。エンドゥンブは、フランスの名門マルセイユのU17(17歳以下)チームでキャプテンを務めた。父親がガボン人、母親が中国人で、ガボン代表としてアフリカネーションズカップやロンドン五輪に出場した経歴を持つ。

エンドゥンブは今年1月から上海申花の練習に参加しており、このほど正式に加入が決まった。26日に行われた会見では上海語で「申花の一員になることができてうれしい。私は中国人。祖国のために戦うのは子どものころからの夢」と語ったという。ただ、ガボン代表として8試合に出場しているため、中国スーパーリーグで「国内選手」扱いになるものの、中国代表としてプレーすることはできない。

中国ではエンドゥンブに先立ち、北京国安の侯永永(ホウ・ヨンヨン)と李可(リー・カー)が中国国籍を取得。中国初の帰化選手となった侯は、父親がノルウェー人、母親が中国人。李は英語名がニコラス・ハリー・イェナリスで、父親がキプロス人、母親が中国人。いずれも中国とのハーフだ。

今年1月のアジアカップで、帰化選手を多数擁するカタールが決勝で日本を下して初優勝を飾ったことで、中国でもにわかに「帰化選手による代表強化論」が注目を集めた。しかし、スポーツメディアの騰訊体育によると、18年末に招集された中国プロサッカー総括大会でサッカー協会党委書記の杜兆才(ドゥ・ジャオツァイ)氏がすでに「中国リーグを世界一流にする過程で、優秀な外国籍選手の帰化を積極的に進める」との方針を示していたという。

これはもちろん代表への選出もにらんでのことだろう。ただ、騰訊体育は「帰化選手の起用は国際サッカーのすう勢であり、中国サッカー協会がこれに倣うことは肯定されるべき」としながらも、「問題が起きれば代表により大きなダメージとなる。帰化選手はすぐに成績を上げるための劇薬ではあるが、本質を治療する薬にはなりえない」と指摘している。

サッカーファンからは「本当に帰化選手に頼って代表を強化するつもりなのか。恥ずかしくはないのか」「そのうち中国クラブは11人全員が帰化選手になる」「帰化させて中国でプレーさせたところで意味はない。欧州のトップリーグでプレーしていることの方が重要」といった声が多いが、一部には「帰化選手は競争意識を高めるうえで効果的。日本もかつて帰化選手を起用したことで、全体のレベルが上がった」と肯定的な声もある。

カタールには確かに海外にルーツを持つ選手が多いが、整備された育成システムの中で同じメンバーが長年、共にプレーしてきたことでチームを成熟させてきた側面もある。中国サッカーの帰化攻勢が今後も続くか、またそれが代表チームにどう影響するのか、注目される。(北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事