Record China

ヘッドライン:

中国人観光客に日本のスキー場が人気の理由―華字紙

配信日時:2019年3月2日(土) 17時30分
拡大
華字紙・中文導報2月26日、中国人観光客に日本のスキー場が人気であると伝えた。写真はニセコ高原スキーセンター。

華字紙・中文導報は2019年2月26日付で、中国人観光客に日本のスキー場が人気と伝える記事を発表した。

記事によると、今年2月4日から10日までの春節(旧正月)の長期休暇期間中、日本の雪景色を楽しめる観光地のホテルはどこも満室状態だったという。

日本のスキー場が中国人に人気である理由としては、「日本は雪の多い気候で、雪質が良く、山が多い地形であるため」と分析。「スキー場のハードおよびソフト面、その他の娯楽施設は、いずれも先進的で整備されている。しかも、スキーコーチもいて、レッスンを受けられる」とサービス面の充実も挙げた。

記事はその上で、「日本では明治時代にスキーが導入された。1987年からは(その他の)雪上スポーツが増加し始め、98年にはスキー・スノボ人口が1800万人になった。しかし、2016年には580万人規模にまで縮小し、多くのスキー場が閉鎖された。そのため、日本旅行に来るスキー愛好家の中国人が救世主になっている」と伝えた。

また、日本のスキー場の多くが「パウダースノー」であることも人気の高さの理由だと指摘。「パウダースノーは水分が少なく粒状で、ある程度の硬さもあるため、スキーヤーはスムーズに滑ることができ、楽しめる」と紹介した。。

記事はさらに、日本各地のスキー場も集客に力を入れており、「中国の電子決済システムを次々と導入している」と紹介。今年2月と3月にスキーのために訪日する中国人は、前年同期比で5割増になる見込みと伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

次期冬季五輪開催地の中国、急増するスキー場と国民の「安全リスク」

平昌オリンピックも終わり、次期冬季五輪開催地・中国に注目が集まるなか、スキーヤーの事故が増えている。そこにはスキー場の安全対策、無茶をする初心者など、いくつもの問題がある。写真は北京南山スキー場で研修を受けるスキーインストラクター。

月刊中国ニュース
2018年3月6日 20時10分
続きを読む

ランキング