【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本の「顔真卿」展が教えてくれること―台湾メディア

配信日時:2019年2月27日(水) 20時30分
日本の「顔真卿」展が教えてくれること―台湾メディア
画像ID  1071057
27日、台湾・中時電子報に、「日本の顔真卿展が教えてくれること」とする記事が掲載された。
2019年2月27日、台湾・中時電子報に、「日本の顔真卿展が教えてくれること」とする記事が掲載された。

東京国立博物館で1月16日から開催されていた特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」がこのほど閉幕した。

記事はまず、顔真卿展について「空前の盛況で、2013年の王羲之の特別展よりも沸き返った。鑑賞された天皇、皇后両陛下も感心されていたという。中国大陸からも5万人がこの特別展のためにわざわざ出掛け、多くの人が熱い涙が目にあふれるほど感動し、その場を離れるのが忍びなかったそうだ」とした。

そして、顔真卿展で一堂にされた計177件のうち借り物はわずか7件であること、27件ある顔真卿の肉筆や拓のうち、「祭姪文稿」と何紹基蔵本の「麻姑仙壇記」の拓は借り物だが、他はみな日本人が収集・保管してきたものであることを紹介し、「中国書道のコレクションにおける日本の実力がうかがえる」「日本の公的・私的なコレクションの豊富さは驚くべきことだ」とした。

記事は続けて、「中国の西安でも最近、日本と争うように顔真卿の拓の特別展が開催されている。だが中国全土が力を挙げ、本国であるにもかかわらず、展示されているのは24件だけで原作はない。日本にないのは『宋エイ碑(エイは王へんに景)』と『殷夫人碑』だけで、『顔勤礼碑』『多宝塔碑』『郭氏家廟碑』は日本から戻ったものだ」とし、「(西安の特別展は)日本の特別展の補足または注釈にしかなり得ないことが分かる」とした。

そして、「われわれの国のものが日本にあるのは複雑な気持ちだ。台湾の台北故宮博物院が(国宝とされる)『祭姪文稿』を日本に貸し出したことによる論争は、こうした心情と関係している」とした上で、「日本は、われわれよりも上手に、われわれのものを収集・保管し、展示し、利用している。それはわれわれに対する注意喚起であり刺激だ。参考にすべき点が多い」とした。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ちゅる***** | (2019/02/28 06:34)

    美術品や文化財を世界で一番貸してはいけない国は韓国である。 すべて「もともとはウリたちのものにダ」と返却を拒むから。 さらに返却を保証する法律も国民感情によって制定できない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/28 06:08)

    中国の文化財が日本にあることよりも、台湾が文化財を日本に貸し出したのに、中国本土には貸さないほうが重要である。 >それはわれわれに対する注意喚起であり刺激だ。参考にすべき点が多い もし日本や台湾が中国に文化財を貸せば『2度と戻って来ない』ことを意味している。日本を参考にするとは『返さなければいい』ということだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/28 02:05)

    読んでいてつくづく感じた「我々の物が日本人にあるのは複雑な気分だ」としながらも「それは我々に対する注意喚起であり刺激だ、それは参考にすべき点が多い」と考える台湾は考え方が大人である、韓国だと日本の大切な仏像を盗んで行って返すどころか逆に日本に略奪されたと騒ぎ出す始末なのだから、もっとも韓国と比較する事自体台湾に失礼ではあるが
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事