【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

安楽死を選んだ著名スポーツキャスター、最後の様子を動画公開=「尊厳死」への理解求める―台湾

配信日時:2019年2月27日(水) 18時40分
安楽死を選んだ著名スポーツキャスター、最後の様子を動画公開
画像ID  1070978
26日、安楽死を選択して昨年6月に他界したスポーツキャスターでテレビ司会者、傅達仁氏の最後の様子を家族が公開し、大きな話題となっている。写真は傅達仁氏。
2019年2月26日、安楽死を選択して昨年6月に他界したスポーツキャスターでテレビ司会者、傅達仁(フー・ダーレン)氏の最後の様子を家族が公開し、大きな話題となっている。

その他の写真

バスケットボールのナショナルチームの選手やコーチとして活躍し、さらにスポーツキャスターとして五輪中継など幅広いジャンルで台湾のスポーツ振興に貢献。テレビのバラエティー番組司会でも人気だった傅達仁氏は18年6月、スイスの施設において安楽死を実行。85年の人生を終えている。

晩年、膵臓(すいぞう)がんに苦しんだことで安楽死を選んだ傅達仁氏は、台湾の蔡英文総統に安楽死の合法化を訴えるなど、尊厳死について積極的な働きかけを行っていた。そして今月24日、息子の傅俊豪(フー・ジュンハオ)さんが「安楽善終促進会」の設立を発表すると同時に、父親の最後の様子を撮った動画を初めて公開した。

スイスの施設で撮影されたこの動画には、家族に囲まれて傅達仁氏が吐き気止めの薬に続き、自らの命に終止符を打つための錠剤を飲み込む姿が映されている。傅達仁氏は終始穏やかな表情を浮かべ、台湾への愛情を語り、中国語や日本語、英語で別れのあいさつをする場面も。傅俊豪さんによると動画の公開は父親の遺志によるもので、「平和で幸せな死が存在するということを、世間にぜひ知ってもらいたい」と語っている。(Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事