【募集中】韓国語社内スタッフ

J20の威力はどれほどか、「F35を完全に制圧できる」と中国メディア

配信日時:2019年3月1日(金) 0時20分
J20の威力はどれほどか、「F35を完全に制圧できる」と中国メディア
画像ID  1070976
26日、新浪軍事は、米軍による空戦軍事演習の情報を紹介したうえで、「中国のJ20戦闘機は米国のF35戦闘機を完全に制圧することができる」と伝えた。写真はJ20。
2019年2月26日、新浪軍事は、米軍による空戦軍事演習の情報を紹介したうえで、「中国のJ20戦闘機は米国のF35戦闘機を完全に制圧することができる」と伝えた。

記事はまず「近ごろ、米軍のパイロットが国外の軍事サイト上で、米軍の空戦軍事演習レッドフラッグの情報を明らかにした。それによると、高速、ステルス性、非常に高い感知性能を持つ仮想敵機の設定をしたF22が、F35とEA18Gのコンビに圧勝したそうだ」と紹介した。

そして、具体的な演習内容として「4機のF22が、数倍の機数のF35とEA18に早期警戒管制機を加えた編隊と対戦し、F22が高さと速度を生かして優位に立ち、数的有利に立つF35のチームを手玉に取るように蹴散らした」「4機のF22はF35とEA18G十数機を撃墜し、自機には全く損失を出さずに圧勝した」などとした。記事は、「一部からは結果の信ぴょう性に疑問の声も出ている」としながらも、「もしこの結果が本当なら、われわれは第5世代戦闘機のコストパフォーマンスについて考え直す必要があるかもしれない」と伝えた。

その上で、「この演習の中でF22は仮想敵として完全動力版の感知能力がF35に引けを取らないJ20が持つ性能特徴を参考に設定を行った」と指摘。「速さと高機能な航空電子装備をもってすればF35とEA18のコンビに圧勝するというのは、決して意外なことではない」とするとともに「この結果は中国軍にとって明らかにグッドニュースである」と評している。

そして、「わが国は、リソースを集中させて全力で第5世代重型戦闘機を発展させさえすれば、少ないコストで効率的に地域周辺にあふれているF35戦闘機群を制圧することができる」と主張した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事