米国の情報力に驚いた金委員長、会談は「合意ならず」=韓国ネット「まただまされた」「韓国政府は知っていたの?」

Record China    2019年2月28日(木) 18時20分

拡大

28日、韓国・聯合ニュースによると、米朝首脳会談を終えたトランプ米大統領が記者会見を行い、合意に至らなかった理由について「寧辺の核施設廃棄プラスアルファを望んでいた。これまでの核施設以外に、われわれが発見したものがある」と述べた。写真はベトナム。

2019年2月28日、韓国・聯合ニュースによると、第2回米朝首脳会談を終えたドナルド・トランプ米大統領が記者会見を行い、合意に至らなかった理由について「寧辺の核施設廃棄プラスアルファを望んでいた。これまでの核施設以外に、われわれが発見したものがある」と述べた。

トランプ大統領は、「具体的に寧辺の核施設の話をしたか」との質問に「した」と回答。また、「新たに発見したのはウラン濃縮施設か」との質問に「そうだ。われわれが知っていた事実を北朝鮮は驚いていたようだ」と述べたという。

会見に同席したマイク・ポンぺオ国務長官も「寧辺核施設以外にも非常に大規模な核施設がある」とし、「ミサイルも核弾頭の兵器システムも抜けていたので、核リストの作成や申告などで合意できなかった」と説明した。

これに、韓国のネットユーザーからは「まただまされた」「寧辺より大きい核施設を隠し、核を放棄するふりをしていたなんて!」と驚く声が上がり、韓国政府に対し「文大統領が望む非核化の前の制裁緩和がどれほどばかげた発想であるか、はっきりと証明された」「韓国政府は知らなかったの?それとも知らないふりをしていたの?」「トランプ大統領がいなければ、韓国はまた北朝鮮にだまされていた。韓国政府の無能さが恥ずかしい」と批判的な声も寄せられている。

一方、トランプ大統領に対しては「やっぱりだまされなかった。よくやっている」「文大統領よりはるかに韓国の大統領らしい」など称賛の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携