【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国製エンジンが初の海外輸出へ=ネットからは懸念の声も「まさか技術も…」

配信日時:2019年2月28日(木) 1時0分
韓国製エンジンが初の海外輸出へ=ネットからは懸念の声も
画像ID  1070877
26日、韓国・中央日報は「万里の長城を超えた国産エンジン」との見出しで、「韓国製の自動車エンジンが初めて海外の完成車メーカーに輸出される」と報じた。写真は万里の長城。
2019年2月26日、韓国・中央日報は「万里の長城を超えた国産エンジン」との見出しで、「韓国製の自動車エンジンが初めて海外の完成車メーカーに輸出される」と報じた。

記事によると、現代・起亜自動車グループの部品メーカー・現代(ヒュンダイ)WIAの中国・山東法人が25日、中国の完成車メーカー・長豊汽車と、追加部品なども含めた総額1兆200億ウォン(約1011億円)規模のエンジン供給契約を結んだ。韓国の部品メーカーが海外完成車メーカーとエンジン供給契約を結んだのは、これが初めて。

現代WIA山東法人は、2020年8月から2000CC級のガソリンターボエンジンを長豊汽車に供給するという。供給物量は年間6万台、5年間で30万台となる。同エンジンは中国の排ガス規制、燃費規制を全て満たしており、長豊汽車のスポーツ用多目的車(SUV)に搭載されることになるという。

記事は「現代WIAはグローバル自動車部品メーカーに成長するための足掛かりを築いた」と評価している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「まさか技術まで渡さないよね」「技術を全部盗まれて、すっからかんになるだけだ」「技術も提供するんだろうな…。この輸出によって、韓国企業はもう必要のない存在となる」「また何か裏があるのでは?。信用できないな」「中国は輸出する企業に対して横暴な態度を取るから、米国、日本、欧州の企業が離れていってるんだよ。輸出1件のために技術流出するなら、いっそしないほうがいい!」など、中国側への技術流出を懸念する声が多く寄せられているほか、「電気や水素自動車にシフトしている時代なのに、今ごろエンジン、トランスミッションの開発するなんて遅過ぎる」といった意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事