【募集中】韓国語社内スタッフ

奈良のシカが観光客にかみつく事故、何を教えてくれているのか?―華字紙

配信日時:2019年3月1日(金) 19時20分
奈良のシカが観光客にかみつく事故、何を教えてくれているのか?―華字紙
画像ID  1070876
26日、奈良を訪れた観光客がシカにかまれるなどの事故が過去最多となった問題をめぐり、華字紙・日本新華僑報は「シカによる事故が与えてくれる教え」と題する記事を掲載した。写真は奈良公園。
2019年2月26日、奈良を訪れた観光客がシカにかまれるなどの事故が過去最多となった問題をめぐり、華字紙・日本新華僑報は「シカによる事故が与えてくれる教え」と題する記事を掲載した。

記事はまず、「日本を訪れる外国人観光客の増加に伴い、奈良は名実ともに観光の名所になった」と紹介。多くの外国人観光客が奈良を目指す原因として「シカとの触れ合い」を挙げ、「えさをあげたり、一緒に記念撮影できたりすることが観光客らを引き付けている。だが最近見られるシカにかまれるなどの事故が人々に恐怖心を抱かせた」と指摘する。

記事は、18年4月から19年1月末までの負傷者数は5年前の4倍の209人に上ると述べ、「なぜこうした事故が頻発するのか」とした上で、観光客の気の緩みやシカの気性が荒くなる時期があることを説明。「奈良公園を訪れると至るところでシカを見ることができる。人懐っこく、観光客は身を守ろうという意識を一時的に失ってしまう。えさをちらつかせてシカを怒らせてしまうこともある」「多くの外国人観光客がシカを家の中で飼うネコやイヌと同様に考え、いつでもなでたり遊んだりできると誤解している」などと指摘し、気性については「発情期や出産期に荒くなるため、こうした時期に奈良を訪れる観光客は『シカが敏感になっている』という意識を持つべき」と注意を呼び掛けた。

記事は、公園や周辺の店に日本語と複数の外国語で書かれたえさやりに関する注意書きがあることにも触れ、「旅に出発する前にしっかり学習し、旅先では注意深く行動する。これが、奈良の事故が与えてくれる教えのはずだ」と締めくくった。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2019/03/03 11:01)

    >何を教えてくれているのか? シカにシッカリ教えてもらいなよ。 >中国人
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/03/01 20:08)

    どこぞやの外国人さま達が、餌を与えるだけならまだいいが、自撮り棒を振り回して鹿をビックリさせることも多いからだろう。 桜の木を揺すって、インスタ映えのする写真を撮っていたマナー違反をしていたどこぞやの外国人がいただろう(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/01 20:05)

    本来鹿は角が生えた動物だが、観光地の鹿は角を切り落とされている。そのため観光客は〈無力な動物〉と蔑(さげす)んで接している。ちょうど中国海軍が尖閣諸島周辺で、海上自衛隊の艦船と遭遇したときと同じである。しかし角のない鹿にしても危険を感じたときには攻撃する。あまり日本を見下げていると、観光客のように怪我をするくらいでは済まないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事