中国的悪習にはもうこりごり?!移民に寛容な国カナダが中国人を閉め出すワケ―中国メディア

配信日時:2013年2月3日(日) 12時25分
中国的悪習にはもうこりごり?!移民に寛容な国カナダが中国人を閉め出すワケ―中国メディア
画像ID  368920
1月31日、華声在線は記事「中国移民の悪習は多過ぎる?カナダの新移民政策は中国人を閉め出し」を掲載した。写真はカナダへの移民を仲介する南京のコンサルティング企業。
2013年1月31日、華声在線は記事「中国移民の悪習は多過ぎる?カナダの新移民政策は中国人を閉め出し」を掲載した。

その他の写真

2012年はカナダの中国人移民締め出し年だった。多くの方がこの見方に賛同するだろう。投資移民の道が閉ざされたのに続き、技術移民の規定も改定されハードルは大きく上がった。語学力の基準強化、すべての海外学歴に認証が必要、47歳以上の場合は認定ポイントがゼロ査定になるなどの変更があったが、中国人を狙い撃ちにした締め出し策であることに疑いの余地はない。

移民に寛容な国として知られるカナダが、なぜ中国人を閉め出そうとするのか。第一にカナダ世論の要請だ。中国人移民はカナダの社会福祉目当てのことが多く、国家財政にとって負担となる。また、中国人の投資移民も現地経済にあまり貢献していないことが明らかとなった。さらに新たな中国人移民と昔から住む中国系カナダ人との仲たがいも深刻になっている。

そして何より中国人の悪習。所構わずタンを吐く、信号を守らない、公共空間で大声で話しタバコを吸う、何でもコネで解決しようとする。こうした悪習は海外でもよく知られており、カナダに限らず米国、オーストラリア、シンガポールでも中国人移民を制限する政策が登場している。

こうなった以上、中国人は自ら問題を認識し、自分を変えていかなければならない。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事