Record China

ヘッドライン:

中国の大気汚染はSARSよりも恐ろしい、深刻な健康被害はこれから出現―SP華字紙

配信日時:2013年2月2日(土) 12時10分
拡大
1日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「工程院院士・鐘南山、中国の大気汚染はSARSより恐ろしい」を掲載した。写真は2月1日、河南省鄭州市。環境保護活動家が街頭で交通警官や道路清掃職員にマスクを配り、大気汚染対策を訴えた。
(1/8枚)

2013年2月1日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「工程院院士・鐘南山、中国の大気汚染はSARSより恐ろしい」を掲載した。

その他の写真

2013年に入って以来、中国各地では深刻な大気汚染が観測されている。一般市民の不安も募り、薬局ではマスクが売り切れるなど騒ぎが広がっている。中国工程院の鐘南山(ジョン・ナンシャン)院士は中国中央電視台(CCTV)に出演し、中国の大気汚染は2003年の新型肺炎(SARS)以上に恐ろしい、誰も逃れることはできないと警告した。

鐘院士によると、北京市の肺がん患者数は過去10年間で60%増加した。この背景の一つとして大気汚染があるという。また、喉頭炎や鼻炎、目の疾患の要因にもなっているほか、今後はより重大な健康被害が出現するだろうとコメントした。(翻訳・編集/KT)

関連記事

大気汚染で列車が故障?前代未聞の運行停止事故に大ブーイングの嵐―中国版ツイッター

30日、中国でこのところ深刻な社会問題となっている大気汚染が、想像外のとんでもない事態を引き起こした。なんと、空気中に浮遊する帯電微粒子が列車の電気系統に故障を引き起こしたのだという。写真は2013年1月14日、河南省許昌市を通過する高速鉄道の京広線。

Record China
2013年2月2日 9時17分
続きを読む

「大気汚染は石油企業にも責任、しかし…」国営三大石油大手会長の発言に反感―本日の中国TOPニュース

31日、中国で首都の北京市など北部を中心に先月から続いている深刻な大気汚染について、三大国営石油企業の会長が「製油企業にも直接的責任の一端がある」と認めた。しかし、発言には続きがあり…。写真は北京市の天安門広場。

Record China
2013年2月1日 14時23分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング