サムスン、ファーウェイに続き、中国企業がまた折りたたみスマホ開発―中国メディア

配信日時:2019年2月26日(火) 12時30分
ファーウェイに続き、中国企業がまた折りたたみスマホ開発
画像ID  1070553
25日、中国のOPPOが、サムスン電子の「Galaxy Fold」や華為技術(ファーウェイ)の「Mate X」に続き、折りたたみ式スマートフォンを発表した。cnBetaが伝えた。
2019年2月25日、中国メディアのcnBetaによると、韓国サムスン電子の「Galaxy Fold」やファーウェイ(華為技術)の「Mate X」に続き、中国のOPPOが折りたたみ式スマートフォンを開発した。OPPO副社長の沈義人(シェン・イーレン)氏が自身の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで自社製の折りたたみ式スマートフォン第1号を投稿し明らかになった。

その他の写真

記事は、「OPPOの折りたたみ式スマートフォンのデザインは『ファーウェイ寄り』のディスプレイを外側に折るタイプ。サムスンのデザインは枠が厚く、内部にカメラなどが内蔵されている」と紹介した。

沈氏は「簡単に折りたためるからといって、ユーザーの満足度が上がるわけではない。今回の製品の量産化は考えていない」との考えを示している。

記事は、「サムスン、ファーウェイの製品の価格は現在2000ドル(約22万円)以上。他社の追随により、『折りたたみ』の技術に新鮮味はなくなっている。中国のサプライチェーンがより多くの同様の製品を低価格で提供することが期待される」としている。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事