Record China

ヘッドライン:

訪日外国人旅行客の肉製品不正持ち込みは年9万件、中国人が最多―華字紙

配信日時:2019年2月26日(火) 5時30分
拡大
25日、華字メディアの日本新華僑報網は、訪日外国人旅行客が禁止を無視してソーセージやハムといった肉製品を日本に持ち込むケースが年間約9万件あり、そのうち中国人の割合が最も高いと報じた。写真はソーセージ。

2019年2月25日、華字メディアの日本新華僑報網は、訪日外国人旅行客が禁止を無視してソーセージやハムといった肉製品を日本に持ち込むケースが年間約9万件あり、そのうち中国人の割合が最も高いと報じた。

記事は、2018年に世界各国の旅行客が日本に不正に持ち込んだ畜産物は9万3957件(上位10カ国の合計)で、その4割超を中国が占めていると日本メディアが報じていることを紹介した。

日本メディアによると、2010年は1万7815件だったが、インバウンド(訪日外国人)の増加で数が膨らみ2017年に9万件を突破した。農水省のまとめによると、2018年に中国の旅行客が日本に不正に持ち込んだ畜産物の数は、ここ10年で最多の4万2280件と3年で1.5倍に急増。中国からの豚肉由来の畜産物は現在も月1500件のペースで見つかっているという。

違法に持ち込まれた畜産物からは、北海道の新千歳空港で昨年10月、没収したソーセージからアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスが検出された。羽田、成田、中部、関西、福岡の各空港でも感染した肉製品が出ており、2018年10月から19年2月13日までで10件に達した。検査対象は没収物のごく一部で、感染した畜産物はもっと持ち込まれている可能性もあるという。

畜産物はX線による発見が難しいため、主に検疫探知犬が探すが全国で33頭しかおらず、配備するのは主要7空港だけだという。

記事はこうした日本メディアの報道を紹介した上で、「外国人旅行客が意識して規律を守ることに頼っている状況のようだ」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

旅行の必需品は?各国共に「馴染みの味」を携帯

あなたが旅行に出かける時、スーツケースに必ず入れておくものは何だろうか?スペインの旅行会社「低コスト休日」がこのほど、全世界29の国と地域の観光客7900人に問いかけたところ、多くの人が食べ物関係を選ぶことがわかった。

人民網日本語版
2016年4月28日 17時28分
続きを読む

ランキング