ファーウェイも折りたためるスマホ発表、サムスンに反撃―中国メディア

Record China    2019年2月25日(月) 16時0分

拡大

25日、中国メディアの騰訊科技は、韓国のサムスン電子が折りたたみ式スマートフォン新製品「Galaxy Fold」を発表してからわずか数日後に中国の華為技術(ファーウェイ)が反撃に出たと報じた。写真はファーウェイのロゴ。

25日、中国メディアの騰訊科技は、韓国サムスン電子が折りたたみ式スマートフォン新製品「Galaxy Fold」を発表してからわずか数日後に中国の華為技術(ファーウェイ)が反撃に出たと報じた。

記事は、ファーウェイが24日、スペイン・バルセロナで25日から開かれる世界最大級のモバイル機器見本市に先立ち、折りたたみ式スマートフォン新製品「Mate X」を発表したことを紹介。「今年中に発売する予定で、価格は2299ユーロ(約2600ドル、約28万8000円)。サムスンのGalaxy Foldのすでに驚異的な価格の1980ドルをさらに上回り、米アップルのiPhoneのあらゆるハイエンドモデルよりも高価だ」と伝えた。

ファーウェイのMate Xについては「第5世代(5G)移動通信システムに対応。ディスプレイは、折りたたむと前面が6.6インチで、広げると8インチのタブレット級大画面になる。サムスンのGalaxy Foldは開くと7.3インチだ。Mate Xの8インチ有機ELのアスペクト比は8:7.1、開いた状態の厚さは5.4ミリ、折りたたんだ状態での厚さは11ミリ」と紹介した。

さらに「ファーウェイのこの動きは、先週折りたたみ式スマホを発表したサムスンと正面から力比べするものとの見方が出ている」とし、「折りたたみ機構に関してサムスンとは理念が異なる。Mate Xはディスプレイを外向きに折りたたむスタイルで、折りたたんだ状態で両面ディスプレイとなる。Mate Xはこの設計により、折りたたんだ状態の厚さがGalaxy Foldより細い」などと紹介した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携