【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

パキスタンメディア「中国はなぜ他国と違う?どう違う?」―中国紙

配信日時:2019年2月28日(木) 8時0分
パキスタンメディア「中国はなぜ他国と違う?どう違う?」―中国紙
画像ID  1070457
25日、環球時報は、中国がほかの国とは異なる点について論じた、パキスタンメディアの文章を紹介した。資料写真。
2019年2月25日、環球時報は、中国がほかの国とは異なる点について論じた、パキスタンメディアの文章を紹介した。

記事は、パキスタン英字紙デイリー・タイムズの24日付文章を引用。文章は「中国は昔も今も、世界で最も歴史ある文明国の1つだ。この国は数多の奇跡を作り出してきた。例えば8億人を貧困から脱出させたほか、人工知能、ロボット、宇宙航空分野で数々のブレークスルーを遂げた。中国は世界のGDPの16%を占め、世界におけるその重要性が高まっている。内在的な問題も数々あるが、それでも中国の発展は世界、特に西洋を驚かせている。そのため、中国について理解することはとても意義のあることだ」としたうえで、中国が持つ他国にはない4つの大きな特徴を挙げた。

1つめは「中国が文明国であり、民族国家ではないこと」。文章は、中国人のアイデンティティーは民族国家が形成される以前から存在したとし、自国について質問すると大概の人が長い歴史や代々の王朝について休むことなく語り続けると伝えた。

2つめは「中華民族という単一の民族意識」。「この単一民族的なアイデンティティーは団結力と呼ばれ、中国が大きな力を持つ要素の1つになっている」とした。

3つめは「朝貢体系」。中国の経済大国化により、ベトナム、マレーシア、フィリピン、スリランカ、インドネシアなどをはじめとする国々が中国の世界における実力を意識し始め、かつての朝貢体系の現代版といった様相を呈しつつあると論じている。

そして4つめは、一番重要な要素として「統一感」を挙げ、「世界で最も多い人口を持つ中国では、数世紀かけて統一的な観念を凝集させてきた。それが、米国のようなその他の超大国と争う際に大きな影響を与えている」とした。

そのうえで文章は「政治体制、儒家に基づく家族観といった要素も経済成長の奇跡を生んだ。これらの要素が、中国を東半球における米国のライバルたらしめているのである」と結んだ。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/02/28 16:47)

    今朝のニュースでパキスタンとインドが、領有権を争うカシミール地方を巡って、お互いの戦闘機を撃墜したと報じていた。パキスタンとしては、同じくインドと領有権を争う中国に〈媚びを売る〉のは当然であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/02/28 11:53)

    何で中国のように国民が政治的奴隷となっている国が、文明国なの? 野蛮国じゃないの?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/28 08:17)

    この記事に大いに異議あり、中国は文明国ではなく野蛮な独裁国家であり、中国が大きな力を持っているのは他所の国散々略奪や剽窃を繰り返し自家薬籠中の物にしている事が原因だし、「朝貢体系」というのは完全に脅迫、恫喝、恐喝である、あと「儒家に基づく家族観」というのは韓国のお話だと思われる、余りに表面的であり、中国をヨイショしているピント外れな論文だと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事