韓国、竹島にある大砲の文化財指定計画を「10年以上放置」?ネットから不満の声

配信日時:2019年2月25日(月) 14時40分
韓国、竹島にある大砲の文化財指定計画を10年以上放置か?不満の声
画像ID  1070422
24日、韓国・ソウル新聞は、「独島に対する日本の領有権挑発が続いているにもかかわらず、独島の東島の頂上に設置された大砲の文化財指定計画が10年以上放置されている」と報じた。写真は竹島。
2019年2月24日、韓国・ソウル新聞は、「独島(竹島)に対する日本の領有権挑発が続いているにもかかわらず、独島の東島(男島)の頂上に設置された大砲の文化財指定計画が10年以上放置されている」と報じた。

記事によると、文化財庁は李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2008年に「独島大砲」の文化財指定計画を推進していた。しかし、当時の国務総理と外交通商部長官が日韓首脳会談を前に「日本を刺激する可能性がある」との理由で反対したため頓挫した。その後、イ・ゴンム元文化財庁長らが再推進を主張したが、今のところ韓国政府や自治体は何の動きも見せていない。関連の民間団体も署名活動や政府への抗議活動を計画していたが、実現はしていないという。

こうした中、一部からは「政府主導が難しいなら、独島を管轄する慶尚北道と鬱陵郡が独島大砲の文化財指定事業を積極的に推進すべき」と主張する声が上がっているという。

記事は「独島大砲」について、「1946年に米国で製作された海上防衛用の艦砲で、78年に韓国海軍が購入して使用していた。その後81年に警察庁が受け継ぎ、竹島の頂上に設置された。警察は96年まで同大砲で射撃練習を行っていたが、その後はこれといった保護対策もなく、事実上放置されている」と説明している。

文化財関係者は「独島大砲は領土守護の象徴性と歴史的意味を持つ遺産で、国の文化財に指定される条件を十分に備えている」とし、「今からでも慶尚北道が積極的に文化財指定を進めてほしい」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「韓国の政治家は独島を日本にあげてもいいと思っているのか」「日本は竹島の日を制定するなど好き勝手やっているのに」「こんなこともできずに独島は韓国領と主張するの?韓国はいつも口だけ」「なぜいつも日本の目を気にするのだろう。何か重大な弱みを握られているのでは?」「日本ならとっくに指定しているだろう」「日本より国民のことを考えてほしい」など不満の声が上がっており、「すぐに指定するべき」と訴える声が相次いでいる。また「大砲を文化財に指定し、独島を国立公園にしよう」と提案する声も。

一方で「米国で作られた大砲が文化財?」「文化財というのはちょっと恥ずかしい。せめて300年経ってからにしようよ」と疑問を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事