Record China

ヘッドライン:

楽天と無人配送で提携の京東、世界の物流中枢化を進める―中国メディア

配信日時:2019年2月23日(土) 17時10分
拡大
北京商報は22日、中国の物流大手・京東と日本の楽天が無人配送業務提携に関する合意を結び、京東による世界における物流の中心を目指す戦略がさらに一歩前進したと報じた。写真は京東。

北京商報は2019年2月22日付で、中国の物流大手・京東(ジンドン)と日本の楽天が無人配送業務提携に関する合意を結び、京東による世界における物流の中心を目指す戦略がさらに一歩前進したと報じた。

記事は「今回の提携は主に、京東の無人技術に代表されるスマート物流に関するもので、京東が楽天に対し、無人機、配送ロボットなどのスマート物流設備および付帯のソリューションプランを提供する。楽天は2016年に無人端末による決済サービスをリリースし、18年には初めてドローンと自動配送ロボットを融合した配送サービスを実施した」と紹介した。

そして、京東については17年初めに国際物流のサービスを商業者向けに開始しており、初期の提携パートナーである楽天と真っ先に国際物流サービスで提携することで、楽天のECサイト上にある商品について京東が統一的に税関、保管、仕分け、配送などを実施して消費者の手元に届けると伝えた。

さらに、今回の提携により、京東のスマート物流端末設備が初めて東アジアの国に設置されることになると紹介し、京東の物流が構築している30カ所の世界物流の中枢が持つ地位が日増しに高まっていると説明。インドネシアでもすでに現地最大のEC物流ネットワークを構築したほか、中国の物流無人機の海外初飛行も実現したと伝えるとともに、タイでもスマート保管物流センターを完成させ、保管から仕分け、輸送、配送までのサプライチェーンサービス体系をつくり上げたと紹介した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「最も多く購入」は日本の商品…中国人の越境ECサイト利用、鍵となるのは中国語表示―バイドゥ調べ

中国人の越境ECサイト利用で、「日本商品」を購入する人が最も多いことが分かった。ただし中国語表示の有無で、訴求力は大いに違ってくる。写真は消費者に対する不正行為の根絶宣言をする、阿里巴巴や京東など中国の主要ECサイトの代表者。2018年10月撮影。

Record China
2019年2月2日 6時0分
続きを読む

アリババ、京東など中国大手EC業者が誓約「偽商品売りません。脱税しません」―電子商取引法の施行を控えて

中国新聞社は中国版ツイッターの微博(ウェイボー)の公式アカウントを通じて、阿里巴巴(アリババ)、京東(ジンドン)など、電子商取引関連の主要業者が「(電子商務信誠信公約)電子ビジネス誠実公約」を宣言したと報じた。

Record China
2018年10月11日 9時40分
続きを読む

中国が米国より優れている5つのこと―米記者

米ニュースサイト「ビジネスインサイダー」にこのほど、中国に6週間滞在した記者による「中国が米国より優れている5つのこと」とする記事が掲載された。写真はスマホ決済で野菜を買う外国人。

Record China
2018年9月22日 17時20分
続きを読む

ランキング