自虐的な川柳で笑い、趣味サークルも盛ん…日本の老後生活―中国メディア

配信日時:2019年2月24日(日) 6時0分
自虐的な川柳で笑い、趣味サークルも盛ん…日本の老後生活―中国メディア
画像ID  1070059
22日、環球網は、川柳や俳句などといったさまざまなサークル活動が、日本の高齢者の生活に彩りを添えているとする記事を掲載した。
2019年2月22日、環球網は、川柳や俳句などといったさまざまなサークル活動が、日本の高齢者の生活に彩りを添えているとする記事を掲載した。

記事は、日本では毎年1度、全国有料老人ホーム協会の主催による「シルバー川柳」のコンテストが行われていると紹介。「川柳」とは日本の短い定型詩の名称で、同じ定型の俳句が季節感を求められるのに対し、川柳は制約がなく自由に「言葉遊び」ができるのが特徴だと説明したうえで、毎年多くの高齢者が日常生活をテーマにした川柳作品を応募しており、自らへの皮肉などがふんだんに織り込まれた優秀作品が続々と生まれていると伝えた。

そして「日本人は高齢者になると、自らの余生と文化、娯楽を結び付け、はつらつと老後の生活を過ごそうとする」とし、川柳のイベント以外にも日本各地で高齢者を中心とした俳句や短歌の発表会が盛んに行われていると紹介。高齢者は自発的にサークルをつくって1か月に数回活動を行い、講師もほぼボランティアで指導を行うとしたほか、カメラや絵画、カラオケ、踊り、生け花、茶道などのサークルも存在すると説明した。

また、これらのサークルは多くが町内によって構成されており、廉価で使用できる近所の公共施設、自治体の施設、教会などが活動の場所として大いに活用されるとしている。

さらに、駅も地域の高齢者コミュニティーにおいて大きな役割を果たしており、構内ではしばしば高齢者の撮影展や生け花展、絵画展が行われると紹介。展示ではしばしばメンバーの募集や勧誘も同時に行われているとした。また、現地の自治体も高齢者によるサークル活動を奨励しており、自分の趣味に合わせてサークルを探せるようにパンフレットなどを作成するケースもあると伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/24 07:44)

    これまた上っ面ばかりしか見ていない中身の浅い記事だな、確かにこういう恵まれた老夫婦もいる事はいるけど、年金の支給年齢の引き上げや支給額の引き下げで70歳になっても働かなければならなかったり、今朝も新聞記事に出ていた、老老介護に疲れて心中とか悲惨な話が山のようにあるんだけどな
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事