ドイツが“違法搬出”文化財を韓国に返還、韓国メディアが「日本と違う良心的決断」と称賛

配信日時:2019年2月25日(月) 11時30分
韓国メディアが「日本と違う」と評価、ドイツが文化財を韓国に返還
画像ID  1069882
21日、韓国・世界日報は「日本と違うドイツの“良心的決断”、違法搬出の“朝鮮文人石”を自ら返還」と題する記事を掲載した。写真は東京国立博物館。
2019年2月21日、韓国・世界日報は「日本と違うドイツの“良心的決断”、違法搬出の“朝鮮文人石”を自ら返還」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国の国外所在文化財財団は同日、「朝鮮時代の文人石1組が、ドイツ・ローテンバウム世界文化芸術博物館とハンブルク州政府、ドイツ連邦政府の自主返還決定により、3月末に韓国に戻る予定」と明かした。当該文人石は1983年にある業者がドイツに持ち込んだとされており、87年に同博物館の所蔵品になったという。記事は「違法流通の疑われる所蔵品の出所や性格について自ら原産地国に問い合わせ、調査を経て返還決定まで下した珍しい事例であり、文化財返還の模範になるという点で意義深い」と伝えている。

記事は、文人石について「『墓の守護者』という性格を持つため、祖先崇拝の伝統から見て墓周辺に配置された石造物を外部取引するのは想像し難い。しかし、日本統治時代に状況が変わった。日本人骨董品商を中心に市場で流通し始め、その慣行は文化財の管理がずさんだった80年代まで続いた」と伝えている。ただし「これは全般的な状況であり、今回の文人石の違法流通を特定するものではない」とした。

記事は、最後に「違法流出と原産地国の返還要求を無視した事例」として、小倉武之助氏が日本統治時代に朝鮮半島で収集したとされる遺物群「小倉コレクション」(東京国立博物館所蔵)を挙げている。

これを受け、韓国のネット上では「さすがドイツは違うね」「日本と違ってかっこいい」という声をはじめ、日本に対して「日本は略奪で文化をつくってるようなもの」「他国のものを盗んだのだから反省して」など厳しい声が上がっている。

そんな中、一部には「ドイツと日本の文化財に対する見方の違いもあるけど、ドイツのアジア文化に対する関心の薄さもあると思う。これがもし中国の文化財だったら、レンタル可能か聞いてくるはず」との声や、「韓国も日本から文化財を持ってきたよね。それに、1966年に日韓で初めて文化財が返還されて以来、これまで5200点を超える返還がなされた。海外に搬出された韓国の文化財を最も返還した国も日本」との指摘も寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事