Record China

ヘッドライン:

冷え込んだ日中関係の改善、在日中国人が切望=事業への打撃が甚大―日本華字紙

配信日時:2013年1月30日(水) 11時12分
拡大
29日、日中関係が冷え込み、旅行業界など多くの分野で多大な影響が出ており、在日中国人の間からも関係改善を求める声が高まっている。写真は日本の出版社・博文館が出版したという書籍。中国清朝の領土が明記されており、尖閣諸島も清に属するとされているという。
(1/4枚)

2013年1月29日、日本の華字紙・中文導報によれば、前年9月に日本政府が尖閣諸島の国有化を宣言して以降、日中関係が冷え込み、旅行業界をはじめとする多くの分野で多大な影響が出ている。在日中国人の間からは関係改善を求める声が高まっているという。

その他の写真

中国映画週間の実行委員長を務める耿忠(こう・ちゅう)さん。同上映企画を東京で開催するようになってすでに6〜7年経ったが、他の多くの中国関連イベントと同様に、日中関係悪化の影響を受けている。同じく日中間の文化交流に尽力してきたプロデューサーの蔡国平(さい・こくへい)さんは取材に対し、「多くの公演活動が影響を受けているのは確かで、開催が決まっていた公演まで延期を余儀なくされている」と話している。

日本の大学で教鞭を執っている画家・李絵(り・かい)さんは昨年9月、日本人教員を帯同して湖南省へ写生旅行に行った際、反日デモに遭遇した。大学は天津の大学との国際交流制度を立ち上げ予定だったが、現在はとん挫してしまったという。

日本で事業を展開する経営者も大きな打撃を受けている。リサイクル輸出業を営むある中国系経営者は、日中関係の冷え込みが影響して「明確な理由なく、通関にやたらと時間がかかるようになった」と話し、中華料理店の経営者は「さすがに日本人の“襲撃”はないが、多くの人が来店を“自粛”している。尖閣国有化以降は客足が遠のき、売り上げにも影響が出ている」と話している。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

福島ボランティアの中国人が靖国に放火するまで=野田発言が怒りに火を着けた―中国紙

5日、北京青年報は記事「彼は本来、福島救援のために日本に行った」を掲載した。先日、ソウル高裁に政治犯と認定され、日本に移送されず中国に送還されることが決まった劉強容疑者について取り上げている。写真は東日本大震災直後、中国へ帰国する在日中国人。

Record China
2013年1月6日 23時15分
続きを読む

ランキング