安倍首相の「戦後日本外交の総決算」=「実現は困難」と中国メディア、最大の懸案は日米安全保障体制

配信日時:2019年2月22日(金) 15時20分
安倍首相の「戦後日本外交の総決算」、中国メディア「実現は困難」
画像ID  1069592
安倍首相が掲げる「戦後日本外交の総決算」について、中国メディアは「実現は困難」と冷ややかにみている。記事は「総決算の最大の懸案は日米安全保障体制の問題だ」と指摘している。写真は安倍首相。
安倍晋三首相が掲げる「戦後日本外交の総決算」について、中国メディアの中国網は「実現は困難」と冷ややかに見ている。記事は「総決算の最大の懸案は日米安全保障体制の問題だ」と指摘。「米軍基地が日本の領土に点在しており、日本が戦後を脱却したとは言い難い」と論じている。

安倍首相は1月1日付で発表した年頭所感で「本年は外交面で大きな課題に挑戦する。大きな転機が訪れる中で、戦後日本外交の総決算を果断に進めていく」と強調。北方領土問題や日本人拉致問題の解決、日中関係の発展に全力を挙げる考えを明らかにした。

この「戦後外交の総決算」に関して、中国網は廉徳瑰・上海外国語大学日本研究センター主任による記事を掲載。この中で廉氏は「1980年代に中曽根康弘氏が掲げた『戦後政治の総決算』を想起させる」と述べ、「中曽根氏は当時、日本は日米安保体制のみで経済発展を実現しようとする『吉田路線』から脱却すべきと考え、自主防衛を実現すべきと主張した」と振り返った。

続いて「2006年に同じく自民党内のタカ派である安倍氏が初めて首相に就任すると『戦後レジームの総決算』を掲げた。これは中曽根氏の『総決算』を受け継いでいる」と言及。同時に「『戦後政治の総決算』にせよ『戦後レジームの総決算』にせよ、その最終目標は日米安保体制からの脱却、『マッカーサーの憲法』の否定、すなわち戦後レジームを覆すことで、日本の歴史修正主義者にとって、これは実現が困難だ」との見方を示した。

一方で記事は「戦後外交の総決算」は「漸進的な手段で戦後レジームから脱却する方針と言える」と解説。「(1951年9月に調印された)サンフランシスコ講和条約は、戦後日本といわゆる『民主陣営』との戦後処理の問題を解消しただけであり、ソ連、朝鮮、中国との間には依然として法律・感情的なわだかまりがあった。戦後処理はまだ終わっておらず、第2次世界大戦の影から抜け出していない」と断じ、「日朝関係の正常化、日露平和条約、中日関係の新時代のスタートといった問題は、安倍氏の今年の外交の重要課題となっている」とした。

さらに「日本の外交にとって、『総決算』の最大の懸案は日米安全保障体制の問題だ。米軍基地が日本の領土に点在しており、日本が戦後を脱却したとは言い難い」と主張。「安倍氏は2016年5月に米国のオバマ大統領(当時)を広島に招待したが、米国人から謝罪の一言はなかった。原爆の影は現在も日本人の心を覆っている」と述べた。

その上で「日本が米国に追随する『吉田路線』から外れるのは、口で言うほど容易なことではない」と分析。「安倍氏のいわゆる『戦後外交の総決算』は道に就いたが、現状を見る限り依然として一つの願いに過ぎず、今後はより長い道を歩む必要がありそうだ」と結んでいる。(編集/日向)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2019/02/22 18:58)

    中国網は・・・「米軍基地が日本の領土に点在しており、日本が戦後を脱却したとは言い難い」と論じている。 はあ?、まず、戦後は脱却どころか、奇跡的とも言える回復を成し遂げ、世界でも豊かな経済大国として発展してきた。まさに、奇跡的な戦後脱却を成し遂げた。 最終目標は日米安保体制からの脱却・・・誰がそんなことを望んでいる?。もし、日本だけで今の防衛体制を維持しようとすれば、「思いやり予算」ではとうてい不可能な事実がある。日米安保は上手に利用した方が、安上がりという現実がある。 「安倍氏は2016年5月に米国のオバマ大統領(当時)を広島に招待したが、米国人から謝罪の一言はなかった。原爆の影は現在も日本人の心を覆っている」 はあ?、米国からの謝罪など望んでないし、いまさら米国を恨んでもいない。無法国家に核兵器が拡散することには、大変懸念しているとは言える。中国の思惑通りにはいきませんよ(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/22 16:00)

    日本が〈日米安保体制〉からの脱却を目指せと言うなら、中国もいい加減『第二次世界大戦の戦勝国』という夢から覚めるべきだ。中国の活躍で戦争に勝てたなんて、味方だった他の連合国も、敵対していた枢軸国も、誰も思っていない。中国だけが『日本が降伏したのは中国が圧勝したからだ』と誤解しているだけだ。70年も夢を見続けたのだから、そろそろ現実を見るべきであろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事