楽天と中国・京東が日本での無人配送ソリューション構築に向け連携、その他

Record China    2019年2月22日(金) 9時40分

拡大

楽天は日本国内での無人配送サービスの提供に向け、中国・京東集団のドローンと地上配送ロボット(写真)を導入する。

楽天は日本国内での無人配送サービスの提供に向け、中国・京東集団のドローンと地上配送ロボットを導入する。ソレジアファーマが開発したがん治療に伴う口内炎の疼痛緩和液が中国で販売承認を得た。ファミリーマートは「ファミリーマート愛媛県庁前店」を同件におけるインバウンド対応モデル店舗とした。宮古・下地島空港に香港エクスプレス定期便の就航が決定した。国際定期便として同空港初。

●楽天と京東が日本での無人配送ソリューション構築に向け連携

楽天と中国大手ECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は、楽天が日本国内で構築する無人配送ソリューションに、京東のドローンと地上配送ロボットを導入することで合意した。楽天が2019年2月21日付で発表した。

両社は、楽天が持つドローン配送の運用ノウハウおよび専用ショッピングアプリなどのITソリューションと、中国国内で多くの実績がある京東のドローンとUGVを組み合わせることで、使用用途や場面に応じた楽天の無人配送サービス提供に向けて、連携を進める。

●ソレジアファーマ、がん治療に伴う口内炎の疼痛緩和液が中国で販売承認

ソレジアファーマは21日、がんなどの化学療法及び放射線療法による口内炎に伴う疼痛緩和口腔用液「エピシル口腔用液」(中国名:益普舒口腔凝膠)が、中国国家薬品監督管理局より、同国における医療機器輸入販売承認を取得したと発表した。

ソレジアファーマが中国で実施した、がん患者60例を対象とした臨床試験では、エピシル使用群では比較対照に比べて有意に口腔内疼痛スコアが軽減することが確認され、エピシルを使用した患者の93%が次回の使用を希望する結果が示されたという。

●ファミリーマートが愛媛県と連携、県庁前店をインバウンド対応モデル店舗に

ファミリーマートは21日、愛媛県と連携し、「ファミリーマート愛媛県庁前店」をインバウンド対応モデル店舗として展開中と発表した。

 2007年5月に締結した愛媛県との多分野にわたる包括的な協力協定に基づく連携。愛媛県の土産物(約30品以上)などを取り扱う専用コーナーの設置し、免税サービスへの対応、愛媛県発行の観光パンフレット(4カ国語)設置などを行っていく。

 ファミリーマートは外国人客に対応するため、アリペイ、ウイチャットペイなどの決済、免税サービス提供、無料Wi―Fiサービス、ATMでの海外発行キャッシュカードの利用可能化などの取り組みを行っている。

●宮古・下地島空港に香港エクスプレス定期便の就航が決定

三菱地所は21日、宮古諸島・下地島の下地島空港に初の国際定期便として香港エクスプレス便の就航が決まったと発表した。下地島空港ターミナルは3月30日の開業予定。三菱地所が整備し、三菱地所が整備し下地島エアポートマネジメントが運営する。

香港エクスプレスは7月19日から、香港―下地島線を毎週火・金・日の週3往復運航する予定。香港エクスプレスの下地島空港乗り入れは、宮古諸島への国際定期便としても初めて。下地島空港は、日本で1カ所だけのパイロット養成のための訓練飛行場として開設された。しかし、2014年ごろからは使用頻度が極端に減っていた。新ターミナルの開業や国内・国際定期便の就航で、下地島空港は新たな道を本格的に模索することになる。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携