<卓球>予想外!早田ひなを飛躍させたのはあの中国選手だった―中国メディア

配信日時:2019年2月21日(木) 16時20分
<卓球>予想外!早田ひなを飛躍させたのはあの中国選手―中国メディア
画像ID  1069467
中国メディアの信息時報は21日、「オオカミの群れの襲来」と題する記事を掲載。先日のポルトガルオープンで、早田ひなが優勝したことに危機感を示した。写真は丁寧。
中国メディアの信息時報は21日、「オオカミの群れの襲来」と題する記事を掲載。先日のITTFチャレンジプラス・ポルトガルオープンで、早田ひなが元世界ランク1位の劉詩ブン(リウ・シーウェン)から金星を奪って勝ち上がり、優勝したことに危機感を示した。

中国卓球界では以前から「日本が台頭して来る」と言い続けられており、近年、その言葉通りに平野美宇伊藤美誠張本智和ら若手が台頭してきた。この状況をイソップ寓話の「オオカミ少年」になぞらえ、「オオカミが来た」という表現を中国メディアは頻繁に使っている。そして、信息時報の記事はオオカミを「群れ」と表現。台頭してきた選手が一人や二人ではないことを表している。

16日に行われた女子シングルス3回戦で、早田は4—2で劉に勝利。続く準決勝では中国のカットマン、胡麗梅(フー・リーメイ)を4—1で破った。記事は早田について、「平野美宇や伊藤美誠に比べ、中国での知名度はそれほど高くなく、伊藤と組むダブルスの選手という印象が強い」と紹介。一方で、「18年のITTFワールドツアー・グランドファイナルの女子ダブルスで優勝するなど、中国のトップペアに何度も勝利してきたことが、早田に自信をつけさせたのかもしれない」と勝因を分析した。

また、「早田にはほかの選手にはない武器がある」とも。それは「身長」のことで、「平野(158センチ)や伊藤(150センチ)が160センチに届かないのに対し、早田は166センチ。これにより、カバーできる範囲が広がる」とした。さらに、「早田は比較的台の近くに立ち、攻撃的なプレーをする。短いボールの処理にたけ、フォアハンドの攻撃は力強く連続性がある。中国チームは早くから、将来的な脅威になる可能性があると見ていた」と伝えた。

その上で、「予想外だったのは、早田の飛躍のきっかけは中国が与えたことだった」と指摘。元世界ランク1位でリオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧(ディン・ニン)が、16年3月のカタールオープンで当時15歳の早田を練習相手に指名した際、早田が丁寧から細かなアドバイスをもらったというエピソードを紹介した。そして、「丁寧と交流したことで練習への姿勢が変わった早田は、より自分に合ったプレースタイルを確立。技術も高まり、攻撃力が増した。これは、後に彼女が大きく変身する基礎になった」と伝えた。

記事は、「日本女子の『オオカミの群れ』は徐々にその姿を現しつつある」と指摘。「伊藤美誠一人でも中国にとっては十分頭の痛い存在で、2年間研究しながらまだ攻略できていない。その上、早田ひなも出てきた。中国の形勢は間違いなく厳しくなっている」とし、「2020年の東京五輪を、早田ひな、伊藤美誠、平野美宇はいずれも20歳という選手として伸び盛りの黄金期に迎える。開催国の優位性にチームとしての優位性も加わった。中国は確かに、楽観できない」と危機感を示した。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/02/21 17:32)

    狼男なら銀の弾丸が弱点だろうが、日本の大神(おおかみ)は金のメダルが好物である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/21 17:04)

    成る程ね、中国選手の敗退を素直に受け入れられない位のぼせているから、日本選手の活躍は中国のお陰だと恩を着せて自分達を慰めているわけだな(笑)、負けを素直に受け入れて次こそは見返してやると精進すれば進歩があるが、こんな形で日本選手をこき下ろしているようではお里が知れると言うものだ、中国が慢心し切っている今こそ日本選手は世界のトップにつくチャンスだと言えるだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事