Record China

ヘッドライン:

日本への貸し出しに中台から不満が出た「国宝」、天皇皇后両陛下も見学―中国メディア

配信日時:2019年2月21日(木) 11時30分
拡大
20日、環球時報は、天皇皇后両陛下が東京国立博物館の特別展に訪れ、中国の「国宝」と称される顔真卿の「祭姪文稿」を鑑賞したと報じた。

2019年2月20日、環球時報は、天皇皇后両陛下が東京国立博物館の特別展に訪れ、中国の「国宝」と称される顔真卿の「祭姪文稿」を鑑賞したと報じた。

記事は、両陛下が20日に同博物館で開催中の特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆―」に訪れ、唐代の書家・顔真卿が758年に記したとされる「祭姪文稿」を鑑賞したと伝えた。

「祭姪文稿」は台湾の故宮博物院が日本の博物館に貸し出したもので、台湾では「国宝」と称されている。今回の展示をめぐっては、台湾や中国本土から傷みやすい貴重な資料の海外への貸し出しと展示に対して疑問や反発の声が出ていた。

記事は、展示を見学する両陛下が、「祭姪文稿」や唐代の皇帝の作品などの展示品について説明を真剣に聞きながら、じっくりと見入っていたことを紹介。顔真卿の書が貴重なことから、天皇陛下は感慨深げに「よく残っていましたね」と語り、皇后陛下も「貴重なものでございますね」と感想を述べたと伝えている。

また、1月16日に始まった同特別展は2月8日までにすでに来場者が10万人を突破したと紹介。展示は24日まで行われるとした。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング