世界各国が第6世代戦闘機を開発、韓国の課題は「競争力の確保」

配信日時:2019年2月23日(土) 22時10分
世界各国が第6世代戦闘機を開発、韓国の課題は「競争力の確保」
画像ID  1069238
韓国・世界日報は20日、「最先端戦闘機開発『合従連衡』開始…韓国は?」と題する記事を掲載した。資料写真。
韓国・世界日報は2019年2月20日付で「最先端戦闘機開発『合従連衡』開始…韓国は?」と題する記事を掲載した。

記事はまず、第6世代戦闘機開発を目指す世界各国の動向を紹介。欧州では「合従連衡」の共同開発が、日中では独自の開発プロジェクトが進められているとした。韓国も2015年12月に戦闘機「KF‐X」の開発に着手し、設計作業と構成品開発を経て2021年4月に試製機の出庫を予定しているという。T‐50高等訓練機やFA‐50軽攻撃機の開発で積み重ねてきた技術をもとに飛行制御コンピューター、電子装備などの国産化が進められており、開発リスクを減らして実戦配備の日程を順守できるよう進化した開発概念を適用しているという。

記事は一方で、「問題はKF‐Xが世界市場で競争力を確保できるかどうか」と指摘。現在までに明らかになったKF‐Xの状況を見ると、本格的な第5世代ステルス戦闘機とは「多少差がある」という。KF‐Xが当初設定された性能を備える時期は、2030年代半ば以降と見込まれている。これは日米中などが開発した第6世代戦闘機が登場する時期でもある。韓国内で開発されるため後続の軍需支援が容易という面で稼働率の向上には役立つが、レーザー武器や無人システムとの統合運用など未来戦に必要と予想される技術を入れることは容易ではない。そのため「性能面でKF‐Xが対等に対抗することは難しい」との評価が出ているという。輸出市場も同様で、記事は「戦闘機をすでに開発している欧州諸国も輸出に苦労している状況であり、画期的な技術適用がないKF‐Xでは限界がある」と論じた。

そのため一部では「欧州の第6世代戦闘機の開発に韓国も関心を持つ必要がある」との主張も出ているという。理由としては「航空先進国が未来の航空戦をどのように準備しているのかを見ることが未来の技術開発に役立つ」「技術保護の動きが強くなる中、外国で兵器を導入する見返りとして技術移転を受けることが難しくなるだけに、共同開発に参加する案が第6世代戦闘機関連の技術確保に効果的」とのが挙げられており、記事は「今後の軍当局の対応が気になるところだ」と伝えた。

同記事について韓国のネットでは「韓国が米国にどれほど侮辱されているか知ってる? 遅くなっても費用がかかっても独自開発すべき」「KF‐X事業が進んでこそ技術も増えるし、技術が増えれば第5・6世代にもチャレンジできる。韓国の主敵は日中だし、2030年代半ばにある程度独自の技術力があった方がいい」など「独自開発派」と、「お金がちょっとかかっても欧州に混ざれないかな?」「韓国は北朝鮮や中国寄りの人(=政治家)が多いから、そこら辺と共同開発するかもよ。それかインドネシア」など「共同開発派」の双方の意見が同様に寄せられている。

その他にも、一部から「戦車のパワーパックもろくに造れないのに何が第5戦闘機だ。(外国から)買って使った方がいい」「技術力がないのに(他国が)仲間に入れてくれると思う? 少しずつアップグレードさせていこう」「韓国は最初から最高を目指すのが問題。他国は航空産業だけで100年の歴史を持つ国なのに、韓国はわずか数十年の技術力にもかかわらず最高を望んでる」といった、「辛口意見」も寄せられた。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事