離婚の慰謝料、不倫相手には原則請求できず、日本の最高裁初判断に中国でも注目集まる

配信日時:2019年2月20日(水) 13時10分
離婚慰謝料、不倫相手に請求できず、日本の判決に中国でも注目集まる
画像ID  1069151
20日、日本の最高裁判所が、離婚に対する慰謝料を別れた配偶者の不倫相手に原則請求できないとの初判断を示したことが中国でも注目を集めている。資料写真。
2019年2月20日、日本の最高裁判所が、離婚に対する慰謝料を別れた配偶者の不倫相手に原則請求できないとの初判断を示したことが中国でも注目を集めている。

報道によると、離婚した妻の不倫相手に対して夫が「離婚の慰謝料」を請求できるかが争われた裁判で、最高裁は19日、「特段の事情がなければ離婚の慰謝料を請求できない」とする初めての判断を示した。一審と二審は夫の訴えを認め、不倫による離婚に対する慰謝料を認める判断をしていた。

最高裁は「離婚させたことの責任を不倫相手が直ちに負うことはない」と指摘した上で、「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な干渉をするなど特段の事情がなければ不倫相手に対して離婚の慰謝料を請求できない」とする判断を示した。

不倫相手に対して不倫行為に対する慰謝料は請求できるが、離婚に対する慰謝料の請求ができるかどうかについての判断は初めてという。

中国のSNS上では「最高裁は『冷血動物』だな」「不倫相手ではなく不倫した本人(元妻)に賠償を求めるべき」「独身でいれば、不倫など心配することもない」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2019/02/20 16:33)

    離婚は夫婦間で決める事。当該夫婦を離婚させる意図を持って婚姻関係に対する不当な干渉を行い離婚のやむなきに至ったという特段の事情がなければ第三者に慰謝料の請求はできない。 5名の裁判官の全員一致。 ネット上には第三者から慰謝料を取れるという弁護士の宣伝が多数ある。今までに示談で金取ってたのはどうなるのか。返却か?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事