【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国のナッツ姫、夫に暴行・児童虐待で告訴される「ナッツリターン事件後にエスカレート」

配信日時:2019年2月20日(水) 13時50分
韓国のナッツ姫、夫に暴行・児童虐待で告訴される「ナッツリターン事件後にエスカレート」
画像ID  1069136
20日、韓国・ノーカットニュースによると、離婚訴訟中の趙顕娥大韓航空前副社長が、夫を暴行した容疑で刑事告訴された。写真は大韓航空機。
2019年2月20日、韓国・ノーカットニュースによると、離婚訴訟中の趙顕娥(チョ・ヒョナ)大韓航空前副社長が、夫を暴行した容疑で刑事告訴された。

韓国の警察は、趙前副社長の夫・パクさんが19日に趙前副社長を特殊傷害、児童虐待、背任などの容疑で告訴したと発表した。パクさんは昨年4月に離婚訴訟を起こした。趙前副社長の暴言や暴行を主な離婚事由に挙げ、暴行は2014年の「ナッツリターン事件」の後にエスカレートし、結婚生活の継続が難しくなったと主張した。小学校の同級生だった2人は10年10月に結婚したが、17年5月から別居しているという。

パクさんは告訴状で、趙前副社長による暴言や暴行の状況について「腹が立つとの理由で『死ね』と叫んで首を絞められたり、タブレット端末を投げられ足の親指がえぐれる傷を負ったりした」と説明した。離婚訴訟を担当する裁判所には、パクさんの首や足にできた傷の写真や動画が証拠として提出されたという。

パクさんは趙前副社長が「双子の息子を虐待した」とも主張し、「子どもたちがご飯を食べないとの理由で箸を投げたり、寝ないとの理由で暴言を浴びせたりした」と説明。また、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長と趙源泰(チョ・ウォンテ)、趙顕娥、趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)の3兄弟が保有するグループ内のファミリー企業の株式を全て特定の企業に無償で譲渡したことについて「背任罪の疑いがある」とも主張しているという。

一方の趙前副社長は、パクさんの「アルコール依存症が主な離婚事由であり、治療の過程で酒を取り上げたことがきっかけで対立が深まった」と主張。児童虐待については「根拠のない一方的な主張」としている。これについてパクさんは「運転手に行動を監視されるなど結婚生活中のストレスによりアルコールに依存するようになった」と説明したという。

韓進グループオーナー一家をめぐっては、会長の妻である李明姫(イ・ミョンヒ)氏が工事現場で女性職員を罵倒し、暴力を振るう映像や、次女の趙顕ミン専務が広告代理店の職員に向かって暴言を吐き、水の入ったコップを投げた事件も物議を醸していた。

そのため韓国のネットユーザーからは「夫の主張の方が信頼できる」「全国民が夫の証言を信じるよ」「母親の罵声を聞いたでしょ?きっと娘も同じ。早く夫と子どもたちを助けてあげて」「あんな一家で酒を飲まずにいられるわけがない」「なぜアルコール依存になったのか。酒が命綱だったんだ。どんなにつらかっただろう?十分理解できるよ」など、パクさんを応援する声が続々と寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2019/02/20 23:01)

    韓国人の言ってることは、どれが事実で、どれが捏造されているのか・・・信頼性が全く無い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 津田武***** | (2019/02/20 21:45)

    韓国は李氏朝鮮時代に戻ったみたい。両班は、民を人間扱いしなかったしね。ナッツ姫は、両班気取りですか。 韓国宮廷時代劇さながらの、非人道的風景です。 最近、韓国の格差が拡大していて、民は借金苦にあえいでいるようですよ。大企業の就職や社内人事は、縁故関係でねじ曲がっています。希望を失った若者は日本企業に就職したいと、東京大手町で就活です。 私が住む目黒区のコンビニでも、急に韓国若者のアルバイトが増えてきました。 慰安婦像の前でシュプレヒコールしている人を見ますと、借金だらけなのか、貧乏くさい韓国人のオッサン、オバさんばかりで、学生は日本に来てますよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/02/20 16:43)

    さすがキティガイ民族の頂点付近を徘徊してるだけあって、狂乱っぷりも尋常じゃないな。 愚民共はこの家系をリスペクトしてトレースしてるんだろうな~、きっとw
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事