Record China

ヘッドライン:

大阪の中華街構想、松井知事から「頑張って」―中国紙

配信日時:2019年2月20日(水) 15時50分
拡大
19日、新民晩報は、大阪の中国系経営者らが掲げる「大阪中華街」構想に松井一郎府知事からエールが送られていたと報じた。写真は大阪。

2019年2月19日、新民晩報は、大阪の中国系経営者らが掲げる「大阪中華街」構想に松井一郎府知事からエールが送られていたと報じた。

この構想は大阪市西成区の商店街に中国風建物4棟を建設し、中国各地の料理を出す飲食店などを誘致するというもの。年間224億円の売り上げを見込むとされているが、地元からは反対の声が上がっている。

こうした中、記事は大阪中華街について初めて声を上げたのは関西地区の華字紙・関西華文時報だと説明。同紙の編集長が17年9月、SNS上で「大阪中華街を早急に建設しよう」と呼び掛けたそうだ。編集長が構想を松井知事に伝えたところ、知事から「頑張って」というメッセージを受け取ったという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

シドニーの「旧正月対決」で中国人が韓国・ベトナム連合に敗北―2023年には別問題が発生する可能性

オーストラリア・シドニー市(写真)は旧正月の祝賀活動名を「中国の新年イベント」から「太陰暦の祭り」に切り替えた。ベトナム系や韓国系の住人などの主張に対応した。しかし中国メディアの新浪網は2023年には「別の問題」が発生する可能性があると指摘した。

Record China
2019年2月4日 7時0分
続きを読む

ランキング