中国「国家情報法」第7条への指摘に、外交部「第8条にはこう書いてある」

Record China    2019年2月20日(水) 10時50分

拡大

中国外交部の耿爽報道官は19日の定例記者会見で、中国の「国家情報法」が問題視されていることについて「一部が切り取られている」と主張した。

中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は19日の定例記者会見で、中国の「国家情報法」が問題視されていることについて「一部が切り取られている」と主張した。

同日の会見で、記者から「一部のメディアから、ファーウェイ(華為技術)に関する情報が報じられています。米国およびその同盟国が、ファーウェイが中国政府に協力して情報を摂取しているという確かな証拠を示せていないという内容がある一方、中国の『国家情報法』第7条の規定に憂慮を示し、ファーウェイの参入を制限すべきという内容もあります。これについて、どう評価しますか」との質問が出た。

これに対し、耿報道官は「私の理解が間違っていなければ、これらを報じたメディアは西側諸国のメディアですね?」と逆質問。記者がうなずくと、「私たちはこれらのメディアが、米国などの国が情報窃取の証拠を示せていないという点を認めていることについて、肯定的に評価する。これは客観的な態度だ」と述べた。

また、「国家情報法」については、「昨日、全面的に中国側の立場を示したのでネットで調べてほしい」としながらも、「ここで強調しておきたい。第7条では確かに『いかなる組織や公民も国家の情報活動を支持、協力し、知り得た秘密を厳守しなければならない』と書かれているが、続く第8条では『国家の情報活動は法に基づいて行われ、人権を尊重、保障し、個人や組織の合法的な利益を守らなければならない』とされている」と説明。「この法律を批判する人は、本当に詳しく条文を読んだことがあるのだろうか。この法律を一方的に、切り取って見るのではなく、全面的に見て、正確に理解することを求める」と述べた。(北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携