【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本の醤油の秘密を韓国に持ち込んだ大胆すぎる方法、韓国ネットで賛否の声

配信日時:2019年2月21日(木) 8時20分
日本の醤油の秘密を韓国に持ち込んだ大胆すぎる方法、韓国で賛否の声
画像ID  1068897
13日、醤油づくりに生涯を捧げ、韓国で「醤油の名人」と言われるセムピョ食品のオ・ギョンファン副社長が66歳で死去した。これを受け韓国のネット上では、オ副社長が生前に語ったあるエピソードが話題になっている。資料写真。
13日、醤油づくりに生涯を捧げ、韓国で「醤油の名人」と言われるセムピョ食品のオ・ギョンファン副社長が66歳で死去した。これを受け韓国のネット上では、オ副社長が生前に語ったあるエピソードが話題になっている。

韓国・ソウル新聞などによると、オ副社長は1978年にセムピョ食品に入社し、それから41年にわたって醤油の研究と生産に取り組んだ。オ副社長は生前、1986年に日本の有名醤油製造メーカー「ヤマサ」の麹室(味噌玉麹を寝かせる部屋)を見学した時の秘話を明かしていた。蒸した大豆を分解する麹菌は醤油の味を左右する「企業秘密」。当時、ヤマサなど日本の醤油メーカーの製造技術は「韓国をはるかに上回っていた」ため、オ副社長はその秘密が非常に気になっていたという。そこでオ副社長は、見学中にできるだけ大きく空気を吸い込んで鼻の中に菌の“種”である胞子を集め、麹室から出るとすぐにティッシュで鼻をかんだ。そして帰国したオ副社長は、そのティッシュの分析を重ねてヤマサの味の秘密を解明したという。オ副社長は「僕がつくった醤油を韓国国民が1日も欠かさず食べていると考えると、重要な仕事をしていると感じる」とも話していたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「熱心に研究を続けた立派な人だ。息を吸っただけだから盗んだことにはならない」「彼は真の醤油職人だった」「ずるさではなく情熱を感じる」「ぼうっとしている研究者たちよりは数万倍いい!」「味噌玉麹を盗んだわけではない。知恵を振り絞って菌だけを採取して研究し、開発したのだから何の問題もない。日本も何も言えないだろう」など、オ副社長の努力を称える声が寄せられている。

一方で「称賛すべきか批判すべきか…」「泥棒したエピソードを美化するのはよくない」「産業スパイということ?韓国は中国を批判できないな」「自ら開発しようとせず、他人の機密を盗むことを考えるなんて。韓国は今も昔も変わっていない」などと疑問を呈する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 15

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/02/23 00:25)

    さすがに韓国、盗む事を研究だと言い切るとは。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Hid***** | (2019/02/22 21:28)

    事実だとしたらそれは盗んだということです. 当時の考えでは日本も甘かった.見学させるにしてもクリーンルームに入るように完全防備服マスク着用ですべきだった.ものいわぬ木さえ引っこ抜く発想があるなら日本由来は言葉から草木の1本に至るまで徹底的にやってくれ.文化や環境がスカスカになるのを見届けてあげよう. まあ脚色でしょうが,それが面白いとか凄いとか賞賛になると思って言っているんだろうし実際そういう評価になっている.その思考回路が卑しい.でホントの所は鼻く その成分で韓国醤油作ってるんじゃないの?それを美味しいといって食べてるのは愉快だね.
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/22 13:29)

    しかしまあ麹菌を鼻から吸い込んで持ち出したというのはアノ国お得意の捏造だろう、麹菌や酵母菌は人の体内で生殖出来ない、恐らく実際はヤマサ醤油の担当者の隙をついてこっそり密閉容器に入れて持ち出した位だろう、鼻から吸い込んでもくしゃみしたり鼻を咬んだらお仕舞いだろう、それにしても韓国はこの男とか安重根の様な卑怯者を英雄扱いするのが好きなのだな、日本だったら日本の恥扱いなんだけど、アノ国の民度の低さがよく解るエピソードではある
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事