【募集中】韓国語社内スタッフ

5Gスマホはまだないが…上海虹橋駅が世界初の5G駅に―中国

配信日時:2019年2月21日(木) 6時20分
5Gスマホはまだないが…上海虹橋駅が世界初の5G駅に―中国
画像ID  1068866
まだ5Gスマホがないが、上海虹橋駅の5G体験エリアでは、4Gスマホを使いファーウェイCPE設備によって転換される5Gホットスポットとつながり、5Gの新たなライフスタイルを体験することができる。
まだ5Gスマホがないが、上海虹橋駅の5G体験エリアでは、4Gスマホを使いファーウェイCPE設備によって転換される5Gホットスポットとつながり、5Gの新たなライフスタイルを体験することができる。科技日報が伝えた。

その他の写真

中国移動(チャイナ・モバイル)の上海支社である上海移動は18日、虹橋駅にて5Gネットワークの建設を開始した。この世界初の5G屋内デジタルシステムを採用し建設される駅は、今年9月に5Gネットワークの十分なカバーを完了する。

「通信世界」誌のオムニメディア副編集長の黄海峰(ホアン・ハイフォン)氏は「これは世界で初めて人が密集する駅に設置される大規模な5G屋内ネットワークであり、5Gフルシーン連続カバーがまもなく現実的なものになることを意味している」と述べた。

駅は人が密集する典型的な場だ。アジアで利用客数がトップクラスの重要な交通ターミナルである虹橋駅は、毎年の利用客数は延べ6000万人以上にのぼり、ピーク時の1日の利用客数は延べ33万人以上に達する。

黄氏は「巨大な建築ボリュームで、利用客数とネット利用者が非常に多いといった特徴を持つ虹橋駅は、5Gフルシーンカバーの最良のリハーサルの場になる」と説明した。

上海移動が虹橋駅に設置するファーウェイ5G屋内デジタルシステムは、業界内で唯一の商用可能な5G屋内製品となっている。現場でのデモによると、通信速度のピーク値は1.2Gbpsにのぼる。これは、利用客が2GBの高画質映画をダウンロードするのにかかる時間は、速ければ20秒未満になることを意味している。

5G屋内デジタルシステム応用シーンの多様化に伴い、未来の5G駅は多くの利用者の高速ネット接続の需要を満たすほか、4K高画質動画通話、超高画質マルチルート動画伝送などの用途にも対応できる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/21 06:44)

    個人的には4Gにはまだまだポテンシャルがあり何が何でも5Gをゴリ押しする理由が理解できない、特にSoftBank等4Gを5Gに変える予算があったら4Gのままで通話エリアを拡げるべきである、SoftBankは普通の海岸や山あいの集落などdocomoやauでは問題なく通話通信出来る所で圏外なのだから、また関係無いがSoftBankはMNP解約すると使ってもいない期間の利用料や通話料を勝手にでっち上げて弁護士を通して架空請求をしてくるので、これから携帯電話を契約する人は間違ってもSoftBankだけはパスした方が安全である
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事